お仕事ひと段落

 久しぶりのここのお仕事がひと段落した。
公開は始まったけど、もう少し作業は残ってる。


久しぶりの食卓の椅子の張替え

先ほどから小一時間凄まじい雷と雨。いわゆるゲリラ豪雨。

その前にへたってきた食卓の椅子のクッションの入れ替えとカバーの張り替えを実行。
3、4年前に今のにしたような気がする…(調べてみたら4年前の6月だった)。
今回はクッションを低反発の材質に変えたのでカッチリした座り心地になった感じ。

国立科学博物館「世界遺産 ラスコー展」

 一昨日上野の国立科学博物館「世界遺産 ラスコー展」へ。
日本側が制作したグラフィックは、あまりセンスが…。壁画そのものは、素晴らしい。

ついでに自分が関係した地球館B3Fの展示を観に行ってみる。20年ほど前の映像が上映方式こそ変わってはいるけど使われているのはうれしい限り。

初めて馬橋稲荷神社へ

天気もよく散歩日和ということで、まだ一度もお詣りしてなかった馬橋稲荷神社へ。
一の鳥居から社殿までの参道も情緒あり、社殿左におわすご神木白樫がすごい。
幹の何ヶ所にちょっとした枕ほどもあるサルノコシカケが付いている。
先週の和歌山といい、巨木にご縁があるようだ。

ちなみに「馬橋」は「まばし」と読む。地名としては存在しなくなったため昭和40年に神社の名前を変えて残したとのこと。
すぐ近くにあった小学校も杉並第六小も味気のない「第六」をやめて「馬橋小」にすればいいのに…などと思ってしまった。

地下鉄駅ビルのツバメの巣

 赤坂見附駅入口にツバメの巣を発見。
 雛はほとんど大人、そうなるまで気が付かなかったのは、その場所のせいもあるが、毎日うつむき加減で歩いていたのかも。

 階段を上がっている時、ふと目線をあげたら視界を横切る素早いものに気がついた。
 慌ててその軌道の起点を見てみると…。
 親切な駅員?か、ビルの管理者のおかげで巣の下には板があてがわれている、ひょっとすると糞の落下を防ぐ意味もあるのか?

 間もなく巣立ちといった感もあり、元気に旅立ってほしい。

2回目の競馬セミナー

 この前の土曜に2回目の競馬セミナーへ行ってきた。
 前回よりも競馬新聞の見方も慣れて、話もよくわかった。試しに2レース買ったが、当たらず。
 競馬自体入れ込めば、面白いものなんだろうとは思った。
 一昨日の春の天皇賞も買ってみてくださいね…と言われたが、そんな気持ちになれず、馬券購入に至らず。多分買っても当たらなかった。

 今はどうなのか知らないが、場外馬券売り場の雰囲気の印象がよくないし、そこまで行って馬券を買うという気持ちにもならない。
 いまはネットで登録して買えるらしいが、こちらもその気にはならない。
 せっかく、無料の弁当付きで教えてもらったが、ウチには効果が無かったようだ。

 でも、2日とも新鮮で楽しめましたよ、ありがとうJRAさん。

初の東京競馬場

  土曜は初めての府中東京競馬場へ。何をしにいったかというと「競馬セミナー」なるものを受講に…。
 競馬そのものに興味はないが、連れ合いが一度ぐらいということで応募したら当選したとのことで、同伴者が必要ということで参加。

 昼食後の開始で喉の薬の効果もあって眠々な状態でスタート。競馬の歴史、JRAと地方競馬の違いやらから馬券の種類、さらには「競馬エイト」の見方まで教えてくれる。
 最後は、東京競馬場で開催の11,12レースの馬券体験購入。まんまと外れてしまった。
 その後は、パドックやらのバックヤード見学付き。

 来週は、ジャケット・ネクタイ着用で「貴賓室」でお食事付きとか…。体調不良でガンバって行ってみましたが、来週は体調を整えて臨みたい。
 なかなか新鮮な体験だった。

さくら三連発

 










 いよいよ桜の花も終わり、先週の日曜から週中の水曜まで桜にかかわった週となった。日本中のあちこちで先週は多くの人々が桜で盛り上がったことは間違いない。

酒を嗜まないので桜の下で一杯というのはついぞやったことがないし、どういうわけか誘われたこともない。とはいえ、桜の花が嫌いということもない。
 そこらじゅうに植えられた桜の木々が、イッキに薄ピンクの花を咲かせる姿は、きれいだ。そのかわり、その下にひかれたブルーのシートやゴミ箱にあふれる白いゴミ袋なんかはちょっと…。まあ、一年に2回程度の土日のことと思えば、しょうがないか。

 で、先週日曜の善福寺側沿いの桜、仕事で行った兼吉の丘からの尾道千光寺公園そして岩国錦帯橋の桜さん連発。

鶯の谷渡り

 先週くらいからぐっと春めいてきた。すぐ裏にある施設の緑の辺りから鶯の谷渡りが聞こえ始めた。
 しかし、この鳴き声が「ホ〜ホケキョ」になりきらない「ホーケキョ」となかなか拙い。本格的な春まであと少し、短い時間にもう一息の鳴き込みが必要だ。

久しぶりの美術鑑賞

 昨日は、久しぶりの美術鑑賞。
 上野の東京都美術館へ「ボッティチェリ展」へ。
 以前のAdobe Illustratorの起動画面でお馴染みの「ビーナスの誕生」はなかったものの、そのビーナスの顔を思わせる聖母像が印象的。
 でも「ラーマ家の東方三博士の礼拝」の立体感のインパクトが一番か…?

 そのあと観た無料展示の都内の中学生の美術作品展示も新鮮で楽しめた。そこそこ充実の芸術な一日。
編集する
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2018/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside