スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に必要な深呼吸

 日々伝えられる今回の地震の厳しい状況、そのうえ福島第一原発の危機。前回はその日の記録、今回はその地震にまつわる思いを…。

 本震のあとも大小の余震の続く毎日に連れ合いはやや弱りぎみで、数日前には熱を出して寝込んだりもした。TVから流れるのは、被災地の状況と原発の一進一退の状況、それに加えて繰り返されるACのCM(これは民放の宿命でやむを得ないだろう)。
 さすがにこれらに為す術もなくただひたすらストレスをため込んでいく。もちろん被災地の方々のことを考えれば、そんなことはいっていられないが、それに対して何も出来ないこともさらにストレスとなる悪循環。

 さらに、数年前から地震・原発関連の仕事をやり、揚げ句に津波関連の真っただ中だっただけに、いままでやってきたことは何だったのかと自分に問わねばならない状況となってしまった。なかなか割り切れない気持ちが続いている。

 それに、この計画停電。申し訳ないがウチは停電区域をはずれ停電のない地域となっているが、その区域からはずれていることにかすかな罪悪感?のようなものを感じながら過ごしている。これまたストレス。

 冷静になって帰宅指示がでたあの夕方の混乱を引き起こした日のことを考えてみる。
 あの日帰宅を急いだ人たちによる公共交通機関の混乱はあったものの、それによるみなさんのお仕事にどのくらい影響があったのだろうか?
 恐らくほとんど影響はなかったのではないだろうか…。満員の電車やバスはきつかったかも知れないけど、裏返してみると今やっている残業や夜間の作業が思っているよりも必要でないのかも知れないんじゃないだろうか?

 ちょっと世の中が余裕をもって、少しだけ長く家族との時間がとれたり、少しだけ長く自分の時間がとれたりといったことが実はとても大切だと感じる方向にいけばいいのになぁ…と感じてしまった。
 世の中そんなにかんたんには割り切れないし、この状況を支えるために経済活動が不可欠なのは事実だが、日本全体が深呼吸をして少しだけ進む速度を落してもいいんじゃないかな。

 そんな中で、連れ合いがつぶやいたひとこと「私たちも一歩間違えば、被災していたかも…」、その理由は、3月11日は結婚記念日、今年は金曜日でもあったので、仕事の都合がつけば、お気に入りの東北(仙台~塩釜そして山形)ツアーを考えた可能性もあったのでは、というのである。確かに、仕事のあんばいによっては、それも十分考えられたのだ。

 そんなこんなで、 今回の大震災後のもろもろの中で少しばかり感じたことを書いてみたが、自分の仕事は、相変わらずの年度末で深々と深呼吸をしてゆっくりと…というわけにいかないのだが。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2017/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。