FC2ブログ

ちょっと堪えた玉川上水散策

20100912.jpg 昨日書くつもりだったのだが、思いの外疲れていたようで阪神戦TV観戦あとぐったりとしてしまい、早々に寝てしまったため、本日のご報告である。
 先月末の国分寺散策が予想外に楽しめたのに気を良くして、武蔵野散策シリーズ第2弾として玉川上水を歩いてみることにした。
 本当は、スタート地点の羽村から歩きたいところであるが、下調べと覚悟(色んな意味での準備)が十分ではないため、まずは歩きやすそうでウチからアクセスの楽な「小金井橋~三鷹駅」を選択。

 ウチで軽く昼食をとったあと13時ごろ出発、13時半に目的駅の武蔵小金井駅に到着。早速、小金井街道を北上するが、第1目標地点の小金井橋まで1km前後で以外と遠い。
 途中も普通のビルが建ち並び、風景も面白みを欠いている。

 とはいえ、目的は玉川上水なのでここはガマンである。小金井橋に着いたが、すぐ脇を都道7号線が通っていて落ち着かない。
 さらに上水の土手は、桜並木となっているのだが、草と木々が繁っていて橋の上からやっとこさ流れが確認できるだけ。水量も少なく、清流という感じがない。

 しかし、これは歴史に名を残す玉川上水だ。難工事であったことは、こどもの頃習って今でも覚えているほどだ。気を取り直して整備された散策路を歩きはじめた。
 気温も上がって蒸し暑いうえに、幹線道路と住宅地にはさまれた道は涼しくない。そのうえ、あまり風景に変化がなく、だんだん飽きてくる。
 予想外の苦行となったが、なんとか1時間半をかけてゴール地点の三鷹駅に到着。

 ちょっと気になったのは写真の看板のイラスト。目つきとかがいかがわしいのはアリだと思うが、その衣装はいかがなものだろう。
 ひと言「そんなヤツはおらんで~」と突っ込みたくなる逸品。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2019/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside