Kenwood M1GC7の昇天とMG-F508購入

MG_F508 さて、ついでに当方の音楽用日々のお供KenwoodのDAP、M1GC7の昇天と新お供MG-F508についても書いておくことにしよう。
 先週の木曜のことである、新しく購入したCDをリッピングし帰りの電車で気持ちよく聴いて帰宅。そのあと読書のお供に音楽でも聴きながらと思いM1GC7を起動…。

 ところがどっこい音楽は再生されるのだが、有機ELの標示に問題発生。なんと標示される文字がすべてベタホワイトになってしまって読むことができない。
 当然、操作をしようにも現状が判らないため何もできない。その場は音が聴ければよいと割り切って読書をして、翌日リカバリーを試みることに。

 で、翌日PCに接続してリカバリーを実行しようとしたのであるが、外部メモリとして認識はされるがM1GC7として接続ができない。これではお手上げ、全くもって打つ手がない。何回か手を変え品を替え接続を試みるが、やっぱりダメ。
 最近ゲットしたCD十数枚分のデータをもう一度選んで入れ直すのが面倒なので、 取りあえず中身をバックアップ。復旧をあきらめることにした。
 この故障の原因は…と考えると通常操作では、それらしい事態が思い浮かばないのだが、実は付属していた純正の単三型充電池の持ちが悪くなったので100円ショップで購入した中国製充電池を予備に使用していた。
 これで電池の持ちが良くなって喜んでいたのであるが、少し前にポケットにいれて再生中に、かなりの高温になって触れないほどになってしまったことがあった。それ以来なんとなく不安定な感じがしないでもなかった。
 最終的にこれが原因だとは言えないが、この発熱が原因と考えるのが自然なような気がする。

 やっぱり安いだけではダメということだろうか…?

 1GBの容量に少しばかり物足りなさを感じていたこともあり、少し前に次期DAPはどこらへんが…などとネットでチェックはしていたところでもあった。その時の結論としては、Victorのalneoの4Gモデルあたりを考えていたが…。

 そこで、帰りに新宿の○ドバシカメラをのぞいてみるが、Victorの製品はない。もう一度売り場を一蹴してみるがやっぱりない。そこで店員に聴いてみると「Victorさんはこのジャンルから撤退しました。」との返事。
 なんかそんなことを聞いたような気もするが、すでに店頭から消えていたとは…である。

 そこで次なる候補は、ということでこれまでのM1GC7に大きな不満がなかったので、KenwoodのMG-F508モデルにすることに、どうせVictorと合体した訳だし…と心の中で納得。
 FMラジオ、外部入力録音機能などが省かれるが、操作画面の拡大にカラー表示化、充電池の寿命拡大、そして内蔵メモリ8G、MicroSDスロット付ということで、音質のチェックをしないままに、ポイント使用で2000円程で購入した。

  使ってみての印象は、Mass strageとしてMacでも認識できて、基本的にM1GC7と同様でシンプルでよし。メモリも増えてこれまでの8倍ということなし。さらにM1GC7で問題となっていた起動時を中心とするキュィーン・ノイズが解消されている。
 その他、デザインが今風になっていることと、あまり使うことが無かったSupremeという音質補完モードがなくなっていること。

 ということで大きな不満もなく新たな音楽用日々のお供となっている。

テーマ:デジタルガジェット - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside