スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.プレストン「51番目の州」+H.マクロイ「幽霊の2/3」読了

2Books 先ほどなんとか目の前の作業を終えて一息ついたところ。天気はすっきり爽やかな秋晴れ、というのにこれから家で阪神戦の観戦ということになる。
 まあ、ほったらかしのCDも聴いて見たりしながら、読書もしたいところである。

 で、もう10日以上前に読み終えていたが、そのままになっていたピーター・プレストン「51番目の州」(創元推理文庫)と先週に読み終えたヘレン・マクロイ「幽霊の2/3」(創元推理文庫)である。
 どちらも最近でたばかりのほやほやで新刊購入、ここのところの創元推理文庫の勢いはすごい。数ヶ月毎月なんらかを買って読んでいる。
 海外ミステリの老舗文庫としての面目躍如、手堅い作品を連発してくれて、大いに楽しませてもらっている。

 まずは、読んだ順番で「51番目の州」から、著者はイギリス人で新聞の記者、編集長を務めた後、作家となった人物で本作が小説デビューとなる1998年の作品。
 ジャンルとしては、ミステリではなく近未来社会小説というべきものということになるかなぁ。

 小説の舞台はブレア政権から30年後のイギリス。EU加盟後いろんな意味で勢いとその存在感を失っていくイギリス、その下院議員ルパート・ウォーナーが物語上の主人公ではあるが、実質的にはイギリスという国が主人公といっていいのかも…。
 イギリスは、EUを脱退を選択、欧州の片田舎になろうとしていたが、その先鋒となっていたルパートは、いつの間にやら首相にまで上り詰めるのだが…。

 さっぱりイギリスの状況は改善なし、そのうらで暗躍するさまざまな政治勢力たち。一方、海の向こうアメリカでは、新たな指導者を決める大統領選挙が始まろうとしていた。
 イギリス、アメリカ、そしてドイツ、イギリスの指導者の思惑が絡み合って…と書くと政治陰謀が渦巻く感じだが、決してそうではなく、あくまで軽妙に描かれている。

 そして、イギリスの選択はアメリカの51番目の州としてアメリカの一部となるのであるが…といった風刺たっぷりのお話なのであるが、何だかも一つ物足りない。軽妙ではあるが、決定的な毒みたいなものがない。
 イギリス人の気質やらを現していたりするのだろうが…、バーンズの「イングランド・イングランド」のようなきつーい一発はない。
 面白くないわけではないが、登場人物の個人個人の身の回りの延長として大きなテーマをこじんまりと描いてしまったということになった感じ。
 日本もアメリカの「51番目の州」かなどと呼ばれるあたりからすると、もっと面白くてもいいんじゃない。

 さて、もう一方の「幽霊の2/3」は、まごう事無き名作である。復刊リクエスト第1位で、みごと新訳復刊となっただけある。派手さはないが、しっかりと書かれている。
 マクロイの作品は初めてとなったが、今後も復刊されるようなので楽しみである。

 タイトルの「幽霊の2/3」とは、クイズ三回不正解で失格という遊びからきていて、物語中でもこの遊びが被害者に対して行われる。
 時代は1950年代半ば、彗星のように現われ、たちまち人気作家となったエイモス・コットルがパーティ中、衆人環視のなかで殺される。
 そのパーティーに招かれていた精神科医ベイジル・ウィリング博士が、事件の追及にあたる。

 前半のコットル、別居中の妻(女優)、出版社社長夫妻、出版代理人夫妻のやりとりには、なんとなく苛々させれて今一つページをめくる速度が上がらなかったが、元アル中のコットルが、再び酒に手を出し、殺される辺りからグイグイと物語に引き込まれて、コットルの過去が明らかになりそうになってからは、一気である。

 探偵約ウィリング博士の飄々としたキャラクターに味があるし、事件のどんでん返し?ともいえる結末も良くできている。読後、タイトルになるほどと思わせるあたりもやられた。
 さすが、復刊リクエスト第1位は伊達ではない。

 お次は、同じ創元推理文庫のジム・ケリーの「水時計」に進行中。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
06 | 2017/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。