スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとりのウィルスン「時に架ける橋」読了

a_bridge_of_years 昨日は少し早めにあがったこともあって、今日は少し楽になったものの、咳が出て辛い一日。
 明日(8日)は、いろいろあって再び下関へ行かねばならないことになった。明日の朝はちょっとはやいので、とっとと寝ようと思うのだが、Tourも気になる今日この頃である。

 さて、先週の金曜には読み終えていたのだが、発熱のため書けなかったロバート・チャールズ・ウィルスンの「時に架ける橋」(創元SF文庫)である。
 このBlogでウィルスンといえば、アドヴァーサリ・サイクルのフランク・ポールなのだが(そう遠くない時期に次作がでるとの話も)…、今回はもうひとりのウィルスンということになる。
 本書は、もうひとつのR.C.ウィルスンの作品「世界の秘密の扉」と合わせて楽天のオークションで入手したもの。どちらも現在は絶版のようである。

 テーマとしては、タイムトラベルものということになる。89年の作品、かなりサイバーな導入部で、おおっハードな展開か…と思わせるのだが、その後はちょっとのんびりとした落ちこぼれかかったひとりの男、トムのお話に。

 妻と別れ、仕事もやめ酒におぼれかかったトムは、故郷のベルタワーに戻ってきた。町外れの家を購入し、新しい生活を始めようとするのだが…この家がとても不思議な家だった。
 壊れた窓が一晩で元通りになり、流しに放置した食器がきれいになり…いったい何が起こっているのか…。
 徐々にこの家の秘密が明らかにされていくのであるが、冒頭のアクションシーンを読んでいるので、読む側は秘密ではない。

 やがて、この家の地下には、過去のニューヨークへ通ずるタイムトンネルが存在していたのである。このタイムトンネルを通って、現在を捨て過去へ向かうトム。そこで新しい人生を歩もうとするのであるが…。
 彼を時間?はそっとしておいてはくれなかったのだ。
 冒頭に登場したサイバー殺人兵器ビリー・ガーガロが、トムの存在に気がついてしまう。さてさてトムの運命は如何にである。

 こう書くと、かなりターミネーターな感じになるのだが、全体にソフトな印象の展開、確かにガーガロは恐ろしいが、ガーガロ自身も心にトラウマを負っていて、なにやら物悲しい。
 それでいて、脇役のダグなどすこしとぼけた味もあって、最終的になんともほんわかとした気持ちになる不思議な味わいのSF小説。

 フィニィなんかのほんわかタイムトラベルものにハードSFのふりかけがかかって独特の味わい。もうひとりのウィルスンも悪くない。
 

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。