スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながらオーストラリア戦

 ちょっと遅くなってしまったが、昨日(2/11)のW杯最終予選、対オーストラリア戦の感想などを書くことに…。
 いろいろな因縁と思惑が詰まったオーストラリアとの戦い、できれば勝ってほしかったし、選手たちも勝ちたかったと思っていたのだが…、結果はスコアレスドロー。

 いつものように決定力不足との評価があちこちから聞こえてくる結果となった。
 テクニック、スピード、スタミナも上回りながら勝ちきれない、「決定力不足」と言われても仕方がないところであるが、同組の他の2チームとはやっぱり違うオーストラリア。アウェーゲームの戦い方の王道を示してくれた。
 そういった面からも今回もオーストラリアが一枚上手だったといえる。まったく、ピム・オーストラリアにしてやられた。

 日本は、そこそこ自分たちのスタイルが出せていたし、あのメンバーならあれが精一杯といったところか。
 攻めの意識の弱さがとにかく目立った。カウンターからペナルティエリア近辺まで持ち上がっても、中に選手がいない。あれでは取れる点も取れないと痛感する。
 数少ないオーストラリアのカウンターのときは、黄色のジャージがゴール近くに殺到するのとはえらい違いだ。
 シュートももうひとつ前のタイミングで打てば、点にはならなくともセカンドチャンスが…と思うのだが…。

 スポーツ紙によると俊介に長友が試合後お叱りを受けたらしいが、長友はそこそこよかったと思うが、いかがだろう。マークはされたと思うが、俊介はそれを振り切って…というプレーは見られなかったぞ。
 それから田中を下げて大久保というのもちょっとねぇ。それだったら玉田のほうが…と思ったし、同じタイプでなくて巻あたりのほうが効果があったのではなかろうか。

 まあ、残りの試合も楽ではないが、2位以内は確保できないってことはないだろう。でも、いけたとしても今の延長線では、明るい未来は見えてきそうもない。
 とにかくもっとシュートをがんがん打つという姿勢を見せてもらいたい。「決定力不足」の特効薬はシュートを打つ以外にはない。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。