スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.リッチー「10ドルだって大金だ」読了

10doller 先日、巻き返しを誓ったので、本日2つ目のエントリー。
 ここのところは、読書ネタが中心となった感がある。CDもちょっとペースは落ちているのだが、それなりに買ってはいるが…である。

 で、昨年に「クライム・マシン」をゲットした直後にAmazonの中古で購入していたのが、ジャック・リッチーの「10ドルだって大金だ」(河出書房新社)を一昨日の帰りの電車で読み終えた。
 これも「クライム・マシン」同様、藤原編集室が手がけた本である(いいぞ!藤原編集室)。

 「クライム…」と変わらぬ鋭い切れ味である。そのうえひねりも効いて、一筋縄ではいかない面白さ。
 冒頭の「妻を殺さば」の意外な落ち、表題作のちょっとクスッとさせる落ち、カーデュラもの、ターンバックルものの楽しさ。
 これぞ短編の醍醐味、がたっぷりと詰まっている。

 もう一冊、「ダイヤルAを回せ」が出ているが、未入手。なるべく近いうちにゲットしたい。
 著者は亡くなっているものの、かなりの期間、短編を書き続けてきたらしいので、それなりの数の作品が残されているようだ。
 藤原さんに頑張っていただいて、引き続きリッチーの作品集を出していただきたいものだ。

 とはいえ、それは我々が買わんとイカンということなのだが…、古書で買っているものとしては、大きなことも言えない。
 でも、古書でも中身は変わらないもんね。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。