カツオのたたきは間違いなく美味い

日曜の夜の便で高知に入る。レンタカーで約2時間走り、11時過ぎに大方町のホテルに到着。
レンタカーのカーナビのデータが古く、高速の入り口をうまく案内しなかったため30分を無駄にする。
まったく、我が故郷と変わらぬ真っ暗な夜。

Sunrise朝、早めに目が覚めると窓から見えるのは、太平洋に昇る朝日。少しだけ得した気になり、再びベッドにもどってしまった。
ジャコ飯の朝食を摂った後は、仕事へ…。
常に、故郷がまとわりつくような妙な感覚が…。





Irino Beach記憶にも残らないほど昔に一度だけ来たはずの入野の浜。
砂浜が、4kmも続く、四国でも有数の海岸、寄せる波は良い波らしく、サーファーも多数出ているのだが、今年の台風でごっそり砂を持っていかれたらしく、海岸線が寂しくなったらしい。





Tataki海のバザール」という町の施設で昼ご飯。
念願のカツオのたたき定食、問題なく美味い。まさしく子どもの頃から食べてきたスタイルのたたき。
タマネギたっぷりで、その下でかつおがタレに浸っている。カツオのたたきはこれでないとね!!
もちろんカツオも藁焼き。まんぞく。




仕事終了、高知市内へ戻って夕食、こでも高知の海の幸を満喫。塩たたきなるものも賞味、同行の若造も大喜びの一品(昔はそんなの無かったぞ)。
みんな満足して眠りにつく。

YS-11出発を待つ高知龍馬空港で往年の名機、YS-11を発見。
まだ活躍している機体があることがすごい。まさしく、名機の証。
あと何機現役でがんばっているのだろう。
残り少ない時間だろうが、活躍を祈る。





ということで、カツオのたたきはやっぱり美味かったのである。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside