とりあえず踏ん張ったが、内なる敵が…

 タイ旅行から帰ってきて神戸出張などが重なった上に、すこし立て込んできたこともあって疲れが出たのか腹の調子を崩していたのだが、なんとか復調。
 しかし、この週末の2日間は自宅作業となった。とりあえず、明日のための目処はついた(よかった)。

 昨日は、日本代表のW杯3次予選のアウェー、オマーン戦。戦前から現地の40℃を超える気温と湿度が敵だとの声が大きかったのだが…。果たして、その敵はそれだけではなかったようだ。
 相手もホームとはいえそんな気候の中で、いつもいつも厳しい試合をしているわけではない。条件は一緒だ。それよりも油断とか集中力という精神的な面のうちなる敵が頭をもたげた。
 自分たちのリズムでボールを支配していたようだが、カウンターを狙うオマーンにまんまとしてやられコーナーキックをやってしまう。その後は、ありがちなゴール前のドタバタで先制点を献上。
 あとは、前半いっぱいは二度ほどチャンスがあったが、ものにできず。

 後半も基本的に同様に日本のペース。玉田のチャレンジでPKをもらって、職人遠藤が決めて同点に、そのすぐ後に闘莉王が相手にPKを…、これは楢崎のファインセーブで阻止。
 15分~20分過ぎにメンバーを入れ替えて一気に攻勢に出るかと思えば、なんとそのまま、悪い予感が…。

 やっぱり、大久保は替えとくべきだった…。個人的に日本人離れした闘志むきだしの大久保のプレースタイルは嫌いではない。それはあくまでサッカーのプレーをしてこそのものだ。これまでも何度か同じようなことがあったし、これから先も同じことをしてしまいそうだ。
 これまた、内なる敵となった。

 岡ちゃんも結局ぎりぎりまで選手交代をしなかったし…。控え選手を温存して何か損することがあるんだろうか?大いに疑問だ。
 
 とにかく敵ゴール前のサッカーが複雑でややこしい、暑いときこそゴール前の速いシンプルなプレーが効いてくると思うのだが…。
 まあ、次のタイも同じように内なる敵が現れないことを祈る。

 とにかく消化不良だったな。ところで、愛媛FCは勝ち点伸び悩み、ホームで岐阜と引き分けは寂しい。

 そのかわりといっては何ですが、阪神タイガースが異常な強さで爆走中。ちょっと勝ちすぎ、気持ちイイを通り越して、少し気持ち悪いほどだ。でも、この調子は維持して欲しい(よく分からん心理状態)。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside