Miss Fortune "Miss Fortune" + The Fletcher Pratt "Nine By Nine"

Miss Fortune + The Fletcher Pratt 相変わらず寒い日が続いている。昨日は夕方からシャーベットのような雪になり、一気に数センチのざくざく状態となった。
 日中は自宅で仕事をして、降り始めた頃に来日中のフィリピン人の友人(連合いの友人ね)と先日のタイ料理店エ○ワンで夕食をすることに…。
 しかし、先週に続き、雪に見舞われた香港在住の彼女は、ある意味ラッキーかも知れない。が、やっぱり寒いのは苦手のようである。
 そんなこんなであるが、本日も引き続き自宅作業、明日も基本的には同様である。

 で、とりあえず一段落したので、音楽ネタを書くことに…。もうずいぶん前(昨年の夏ごろか?)に入手した2枚。Miss Fortuneの"Miss Fortune"(2000)とThe Fletcher Prattの"Nine By Nine"(2001)。どちらもたしかStrangedays誌上でレビューされていたような気がする。Miss Fortuneは確かUSのAmazonのMarcket Placeでかなり安く、ほとんど送料のみの値段で、The Fletcher Prattは、Book ○ffで250円だったような…。

 特に、どこかの誰かに関連があるといった人たちでは無いようだ。
 まず、妙にとぼけたイラストのジャケットのMiss Fortuneの"Miss Fortune"から。実は既に解散していて、アルバムも子の一枚だけしか出してない。
 ソングライターでギターのJay Barclayを中心にボストンで結成されたバンド。もとは女性Vo.だったようだ。その後、Vo.のRyan Linkが加入してレコーディングのラインナップになった。

 サウンドは、基本的にギターポップ。全体にシンプルなアレンジでメロディーを大事にしたRyanのVo.とコーラスがメイン。さすがに、専門Vo.がいるだけあって歌はしっかりしている。
 いかにもアメリカンな爽やか路線なのだが、そんなに売れなかったことからもわかるように、ちょっとだけWetな部分が見え隠れして突き抜けきらない。まあ、こちらとしてはその辺が良かったりするわけであるが…。
 全体にこじんまりとまとまって無難といえば無難なのかなという印象。決して、悪くはない。
 ちなみに、アルバム内の4曲はMy Spaceで…。現在は、JayとRyanのデュオで活動しているとのこと。

 The Fltcher Prattの"Nine By Nine"はUS盤に日本語のペラ一枚のライナーを加えた日本盤。それによるとデトロイト出身の4人組。1996年に自主制作EP"The Fletcher Pratt EP"でデビュー。以来、Harman's Harmits meet The Kinks、The Who meets The Beatlesなどと呼ばれているとか…。
 George DubberとStephen Palmerのソングライターが、それぞれVoをとる双頭バンド。他に、数枚のシングルと"Raibow Quartz"(2000)というアルバムを出しているが、その後は不明。
 しかし、Fletcher Prattというのは、もともとSF、ファンタジー小説家の名前である。なにゆえその名を名乗たのかはそこには書かれていない(気になる)。

 サウンドは、リズムとギターがグイグイと引っ張るソリッドなギターポップ。The KinksといえばKinksであるが、若き日のThe Whoのような勢いも感じる。それで、前述のような言われ方をしたようだ。曲によってオルガンが懐かしさを醸し出したりする。
 全体に2~3分のスピード感あふれるポップチューン12曲で構成されているが、12曲目が4つの曲からなる組曲(?)になっている。
 鼻にかかってやや力み気味のVoに好き嫌いが出るか…?
 Mixは、以前紹介したCotton Matherの"Big Picture"も手がけたBrad Jonesが担当。とにかくシンプルでストレートなRockサウンドに仕上がっている。

 次の音楽・CDネタはいつになるのやら…、本のほうは「イスタンブールの群狼」が後ひと息なのであるが…。3月半ばまでは、厳しい日が続きそうだ。踏ん張らねば…。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
10 | 2017/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside