スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDをデータベースソフトで管理したいのだが…

Cdpedia 今年はかなり多数のCDを購入してしまった。以前から何とか手元のCDを管理する方法はないものか…と思っていたのであるが、今年に入っていくつかのライブラリー管理用ソフトがあるのに気がついた。
 元は、本の管理ソフトBooksというのを発見、これがMacBook Proについているカメラを使ってバーコード入力が出来る楽チンソフトで、この類いのCD版はないかと探したところ、CDpediaなるソフトを見つけた。

 同じソフト開発元Brujiから、DVD、本、ゲームを管理できるソフトが発表されている。そのCDバージョンである。もちろん他にもあるのだが、デザインや使い勝手でとりあえず、これに決定、夏ごろから使っている。

 先日までは、このバーコード認識がややあまかったのだが、新しいバージョンになって以前よりも認識しやすく、楽になった。しかし、このバーコードがくせ者で、日本盤は帯についていることが多く、中古でゲットした場合失われていることが多く、簡単に入力というわけに行かないのだ。
 その上、バーコードがついていてもAmazonなどのデータベースを検索して、データを読み込むため、イタリア盤やオーストラリア盤など、せっかくバーコードを読み込んでも赤い文字で"No Data"といわれてしまうのだ(念のために擁護しておくが、他のソフトも概ね同じようなデータを参照しているので、結果は変わらない)。
 さらに、かなり昔に買ったCDには、バーコードがなかったり、Amazonのデータベースに登録されていなかったりする…。

 ジャケットのデータもAmazonなどから引っ張ってくるのだが、データが無かったり、あってもかなり小さなものでクオリティが低いもの多くて、そんなときはちょっと悲しいのである。

 昨日頑張って、バーコードありのものを入力してみたら633枚になっていた。当然、まだかなりの枚数が手動入力・手動検索待ちである。ここ10年ほどは、CD買いを控えてたつもりで、そんな枚数無いと思っていたが、意外や意外である(決して多いとは思わないが、
そんなに買ったつもりはなかったのである)。

 収録曲名などなかなか埋らない項目も多く、思ったよりウチのCDのデータ管理の道は険しい。ただ自分の頭の中に記憶するだけよりは、かなり前進(どういう意味があるのかは、まだ未知数であるが)したような気になっている今日この頃である(もちろん蔵書のほうもね)。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。