スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ken Stringfellow "Touched" + Oranger ”The Quiet Vibration Land”

Poptones いよいよ明日明後日は、恒例のサッカー合宿である。昨晩あたりからぐっと冷え込んで来ている。合宿の場所が那須なので、こちらよりかなり冷え込んでいる様子。なんと最低気温がマイナス1℃。
 今シーズンは、そんな寒さに身体を慣らすひまもなく合宿へ突入だ。今回は、懐かしいメンバーも復帰して過去最高の参加者となった。代表(一応)としてとても喜ばしい。
 みなさん、寒いので十分アップして怪我なく楽しいサッカー浸けにしましょう。

 で、話は変わってたまったCDネタである。今回は、Poptonesレーベルの2枚である。Poptonesは、20年以上前の学生時代良質のバンドをいくつも輩出したCreationレーベルの創設者、そうBiff Bang PawのAlan McGeeがCreationに続いて創設したレーベルだった…たぶん今は活動してないと思う、その2枚。どちらも中古で500円程度かな。
 一応、A.McGeeは、Creation時代には、Oasis, Primal Scream, My Bloody Valentineなど、今となっては錚々たる連中を発掘、その後の英国音楽のひとつのムーブメントを築き上げた男である。
 しかし、90年代後半は、Creationが経営破綻、その後懲りずに立ち上げたのが、Poptonesレーベルであった。しかし、これも数年でしりすぼんでしまった。インターネットによる音楽配信がこれからの音楽市場を変えると考えてのことらしい。まあ、そんなもんかな…。儲からなくなったということね。

 今回は、Ken Stringfellow”Touched”(2001)とOranger”The Quiet Vibration Land”(2000)。
 K.Stringfellowは、個人的にお気に入りのThe Posiesの片割れ。Posies解散後は、Badfingerのトリビュートアルバムに参加したSaltineを結成。シングルを数枚発表している。その他、いろいろこまごま…。それはまたの機会に。

 このアルバムは、ソロとして2枚目のものである。ソロらしい実に肩の力の抜けたゆるさが気持ちいいアルバム。もちろん曲も派手さはないが、アレンジも申し分なし。どんな曲が飛び出してくるんだろう…とか、どこまで弾けるのか…といった期待感みたいなものは、無いのだが、じっくり何度聴いても飽きのこない「味」のあるダシの効いた作品である。
 ちなみにデジパック仕様、コースターのおまけ付き。

 もう一枚のOrangerについては、Strange Days誌にインタビューが載っていた記憶はあるが、良くは覚えていない。どうやらサンフランシスコ出身で、このアルバムがデビュー作。その後現在までにアルバムが全5作のようである。
 まあ、出だしから4人組からの影響がモロ。基本的に60~70年代のPop Rockの再現を狙ったサウンド。K.Stringfellow同様、弾ける感は薄いが、曲によって、まんま○○ってパターンが繰り広げられる。それもどちらかというとアメリカよりもBritishな感じ。
 バンドの個性は?という部分も無きにしもあらずであるが、全体に良くできてます。

 Poptonesの狙ったものは、はっきりと感じることが出来るのだが…、今となってはレーベルのWebもURLは存在するのだが、サーバーが存在しない状態である。これらのアルバムも現在は別のレーベルから出されているようである(それも廃盤か?見つけたら買うべし)。
 これから、ちょっとPoptonesものにも気を配っていかねば…。

 それにしてもオシム倒れるのネタのはずだったのだが…。がんばれオシム!

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。