スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.スレイド「メフィストの牢獄」読了

Burnt Bones あ~しんどい2週間だった。とりあえずのオオヤマは越えたが、次なる山が少しずつ迫ってくるような不気味な気配。まあ、何とかなるだろう。前向きに考えておくことに…(仕事なんてそんなもんだ)。

 さて、忙しい中ではあるが、少しでも現実逃避を図るためにも読書は欠かせない。昨年の9月に旧作の「カットスロート」を読んで以来のマイケル・スレイドである。
 この「メフィストの牢獄」 (文春文庫)は、新刊で購入。
 文春で出されるようになったあたりから、かなりハチャメチャ具合に拍車が掛かって、もうミステリーの枠を超えたアクション・スプラッター大作の様相を呈している。いやはや恐るべし。カナダのディーヴァーなどと惹句にはあるが、違うんではなかろうか…?
 どうやら、訳のあんばいもオドロオドロ方向へ思い切り振り込んでいて、原文のイメージはこんなのか…などと疑ってしまう。
 そんなことを思ってみても面白さは間違いない。本国カナダでの発表は世紀末の1999年で、その辺の世紀末的雰囲気が反映しているような気もするのだが、読む限り生きていないような気がする。
 登場する旧ソ連がらみの小道具(あまり具体的に書くとね…)は、もっと前面に押し出されるのかと思ったら、あららっ!とか。
 いかにも適役を世紀末っぽいカルトの教祖としているのだが、如何せん教徒は一人、その上手下は金で買われたようなロックバンドくずれ。もうひとつ消化し切れない(個人的にで、作者がと言う訳ではない)。

 翻訳タイトルで「メフィスト」と表記しているのに中身では暴走族まがいの漢字表記。この漢字表記に意味があるようには思えない。やっぱり、翻訳者のやり過ぎではなかろうか。

 内容は、古代スコットランドのピクト族の秘宝を手に入れ、ストーンヘンジの秘儀を解き明かそうとするメフィストなる人物とカナダ騎馬警察のディクラークとアメリカの元FBIの女性保安官補ボンドの戦い。
 色々下世話な仕掛けやおどろおどろしい悪趣味な拷問などなど、いつものようにスレイド節が炸裂し、息をもつかせず展開するので、600ページを超える長さもモノともせずに読み終える。

 面白い!まったくノーテンキともいえるほどの展開力。あまりの展開力に事件解決が意外にあっけない印象になってしまっている。悲劇的なことが起こっているのに、このあっけらかんとした読後の感じは不思議でさえある。
 うまいのか、いい加減なのか(そんなことは無いだろうが…)、エンターテインメントという意味では、文句なしなんだろうけどね。
 なんだか腑に落ちない…。やっぱり小道具が生きていないんじゃなかろうか…?

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2017/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。