どうなる亀田一家?

 相も変わらずばたばたの日が続く。今日は午後一までかなりカラダがきつかった。来週頭でこの厳しい日々も日と段落か…?

 引き続きそして最後か亀田ネタ?! 本日、いや昨日、亀田0号と亀田2号の記者会見があった。もちろん、先ほどまで知る由も無く、ネットで知り、深夜のニュースでその姿を見た次第である。

 2号は、かなりめげている様子には見えた。0号もさすがにこれまでの物言いからは、かなり低姿勢にも見える。しかし、二人共にその心のうちは、映像からは窺い知ることはできない。
 まあ、2号は多少は堪えているんだろうなぁ…。0号は父親、大事な息子を守るに、ここは一つ、大人しめにと考えたのだろう。あれが彼にできる精一杯の譲歩の姿勢のような気もする。そんなところかな…。

 ボクシングを取り上げて一番困るのは0号に違いない。彼はこれから先は、それこそ表には出づらくなるだろうし、この裁定が下った以上、「どうする」よりも「どうなる」になった感がある。

世の大半の意見の通り、0号の元を離れて他の選手同様、一からボクシングと生き方を磨くしかない。不謹慎ながら興味本位の市井の人間としては、もっともつまらない方向へ舵は切られた。

0号よ、反省するなら記者会見の場でいつもの口調で、「わしらが悪かった、ビデオで見聞きしたとおりや、わしは身を引く、そのかわり2人の息子は勘弁してくれへんもんか」とか言って欲しかった。

そんなら、さすが 亀田0号、心の芯まで本物やなっ、と思ったのに…。あれではただのすねたチンピラにしか見えない。残念…。実に中途半端なパフォーマンスであった。

で、1号はどうしたのかな?試合前あれだけ出て喋り捲ったのだから、今回も出てこないといかんのではなかろうか?様々な観点から大いに疑問の残る一時的終結となった。

で、ここで一方の内藤がぐっと株を上げることとなった。それはそれでいいのだが、その大人な対応もチャンピオンで33歳ともなれば、ある意味当然の対応かも知れない。

いろいろ、見所のある椿事であった。内藤のところへ謝罪に行くのが次のステップかな。でも、次は書くこともないだろうな。とりあえず、亀田サーガの行方を陰ながら見守っていきたい(笑)。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside