スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.トレメイン「幼き子らよ、我がもとへ〈上・下〉」読了

 いや~ホントに今年はおかしい。この事態はイジョーとしかいいようがない、確かに若い頃は徹夜が続いたりはしょっちゅうであったが、この歳この立場でこれはちょっと…。
 ほとんど休みがとれない日々が続いている。さすがに歳をくっているので、体力的に無茶はしないということもあるのだが…。

Suffer Little Children で、そんな中の一昨日、けっこう気に入っている作家・シリーズのP.トレメイン「幼き子らよ、我がもとへ〈〉」(創元推理文庫)を読み終えていたのだが、前述の通り書く余裕がなかった。つい最近でたばかりのほやほやである。もちろん新刊で購入。
 この修道女フィデルマ・シリーズの本邦訳2作目、シリーズ全体のエピソードとしては3作目。
 舞台は、キリスト教が伝来したのちの古代アイルランド。王の後継者である兄の依頼で故郷モアン王国の領内の修道院で起こった、宗教的賢者の殺人事件を捜査することになったフィデルマ。
 なんと、隣国がこの殺人をたてにモアン領内の小国をよこせと訴えを起こしたのだ。

 兄との再開もそこそこに、フィデルマは殺人現場である修道院へ護衛の兵士一人を伴って旅立つ。途中、修道院近くの村で疫病の流行を理由にした焼き打ちに出会うが、その理由に疑念を抱くフィデルマ。
 さらに、その焼き打ちを逃れた、修道女と子どもたちと目的地へ同行することとなる。

 現場の修道院で調査を開始するのであるが、どうやら被害者ダカーンは、賢者というわりには院内の人々に尊敬されてはいなかったようである。また、修道院図書館内での調査も申請されたものとは違っていた。
 彼の周りに現れる人間がなにやら胸に一物もっているようで…。

 しかし、彼女に残された日は刻々と過ぎてゆく。やがて、捜査の範囲は、海を渡った孤島の修道院(世界遺産スケリグ・マイケル)や近郊の孤児院へと広がっていく。
 はたして、何ものが何の理由で賢者ダカーンを殺したのか?

 実に、読み応えありである。フィデルマ他、主要キャラクター(今回はワトソン役のサクソンのエイダルフは登場しないのが残念)に存在感がある。そのうえ、古代アイルランドが実に人間味あふれる土地だったことが伝わってくる。
 アイルランドの空を思わせるような、重厚な雰囲気も捨てがたい、かといって重苦しいということはまったくない。
 読書の楽しみを与えてくれる素晴らしい作品だと思う。なにより作者の本業、アイルランド史の研究者である知識がこの作品の大きな支えであることは間違いない。

 このシリーズも引き続き、毎年年末前の恒例となりそうだ。年末前といわず、一日も次作の出版が待ち遠しい。
 次は、スラッシュ・メタル・ミステリー(笑)のM.スレイドの新刊「メフィストの牢獄」へ進行中である。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。