これぞPOPの王道!Linus of Hollywood

Linus of Hollywood これぞまさしく真打登場である。その名もLinus Of Hollywood。こいつは一体いつの時代の人間だ。
 以前から名前は知っていたし、かなり良いとの評価を聞いてはいたのだが、そこはナニブン”失われた90s”である。

 まずは写真奥の左の2nd."Let Yourself be Happy"(2001) を新○円寺の○ook Offで1000円で、引き続き写真奥の右、未開封の1st." Your Favorite Record"(1999) を中古扱いでネットで750円でゲット。
 さらに、勢いに乗って五反○の○ook Offで最新作の3rd."Triangle"(2006) を少し高かったが、1250円でゲットしてしまった。
 この間2ヶ月ぐらいかな。もちろん最初の2nd.を聴いて、おおっ!となってしまったからこその所業なのだが…。そのうえ、好都合なことに、正式にStudio Albumはこの3枚のみで、あっさりそろってしまった。
 さてこのLinus Of Hollywoodは、Kevin Dotsonのソロプロジェクトの名前で、スヌーピーで有名な「ピーナッツ」のライナスからとったらしい(ライナーによると)。でもなんでピアノを弾くシュローダー君にしなかったのかは、ちょっとしたひねくれの現れか…?
 元々は、Size14とかいうバンドでデビューをしたのだが、ものにならず解散して、自分の趣味100%で自らのレーベルをスタートした、云々はどうでもいいでしょ!

 いつもなら、ここからかくアルバムについて書いていくのがスタイルであるが、その必要もないほど、3枚ともPOPの王道、メロディーもサウンドもびっちりでき上がって突っ込みどころは、ほとんど皆無といっていいだろう。
 個人的には、ひねくれ具合が重要になるのだが、もうビシビシのストレート。BeatlesからBeach Boysにはじまり、Pilotなどなど60年代から70年代のPop Musicのエキスを純粋培養したかのようである。

 ここまで王道を突き進まれると、こちらは「すいませんでした」と詫びのひとつも入れたくなりそうだ。これまでもPopオタクな人々を探して聴いてきたが、曲・サウンドともに1曲もOutがないのもめずらしい。
 まあ、たいがい変化球が雑じって時には捨て玉が入っている、まあそれはそれで個人的にはスキなのだが…。
 
 ひとつだけ注意を…3枚とも日本盤はUS盤とは異なるアートワークがされている(3rd.は色違いだけだけど)。日本盤は、ちょっとSweetなデザインでいかにも日本人向けといった感あり。
 オリジナルは公式サイトなどでチェックすべし、ちなみに今回は全部日本盤でボーナス付き。

 いやはや、もう新譜で買っても損はないと思う…、だから中古で発見したら、その場でレジへ走るべし!(あっ、Popが嫌いな人は、即見送るべし)

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside