J.ダニング「災いの古書」読了

The Sign of The Book 昨日は、それまでの暑さが嘘のように涼しい一日だったが、何だか疲れがたまっているようで出かけることもなく、だら~と過ごしてしまった。
 今日はうって変わって暑さがぶり返したようで、ぐったりである。持ち帰った仕事をやろうかとも思ったりもするのだが、何だか怠い。さすがに歳のせいだろうか…?

 で、ペースダウンをしていたジョン・ダニングの久しぶりの古書探偵ジェーンウエィ・シリーズ第4弾「災いの古書 」(ハヤカワ・ミステリ文庫)を読み終えた。
 これは、読もうとしたところを妻に横取りされていたのだが、彼女がまだ手を付けていなかったようで、「大鴉の啼く冬」とトレードで戻ってきたのである。
 久しぶりの元警官の古本屋ジェーンウェイの登場である。前作の「失われし書庫」が出たのが2004年12月、そのときはまだBlogを始めていなかった訳で、ちょっとご無沙汰の印象が…。
 このジョン・ダニングはかなり気に入っていて、ハヤカワから出ている作品は、全部読んでいる(他からは出ていないと思う)。翻訳者もお気に入りの三川基好氏だったのだが、今回は別の人でどうかなと思ったが、特に違和感もなかった。

 で、今回は前作で知りあい、つき合い始めた女性弁護士エリン・ダンジェロに頼まれ、彼女の友人ローラの夫殺しの容疑について調べるために、田舎町パラダイスへ赴くジェーンウェイ。
 拘留されているローラに事件の経緯を尋ねるが、歯切れが悪く何かを隠しているようなローラ。事件は一筋縄では解決しそうもない。
 事件のカギは、夫がコレクションをしていたサイン本にあるようでもあり、ローラ夫妻の子どもたちにも…。まあ、古書探偵シリーズと銘打っているだけに古書の蘊蓄がでないとらしくないと言えばらしくないしね。そうそう、作者も古書販売業者だった、

 今回も正義と信念にしたがって前進するジェーンウェイ、とはいうものの決してスウーパーマンではない、あるときは頼もしく、あるときは頼りなくである。
 パラダイスで出会う弁護士、保安官補、怪しい古書販売業者、そしてローラの子供と登場人物のキャラクターがはしばしで効いている。

 事件の真相は、最終的にはどんでん返しといえば、どんでん返しなのだが、それより何故そうならなければならなかったのか、という心の裏側が強くこころに沁みる作品だ。それに、人間の身近なフロンティア=脳のもつ不思議な側面が取り上げられてもいる。

 このシリーズ以外のダニングの作品もコナリーほどのヘビネスはないが、なかなか味わい深いものがあり、個人的にはおすすめ。
 シリーズの次作もあとがきによれば近々とのこと、これまた楽しみである。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside