残念U20、踏ん張ったオシム・ジャパン

 しんどい中ではあるが、遅く帰宅したあとも精神的にリフレッシュをすることもあり、サッカーの中継(録画だったりする)を見ていた。

 U20は、実に残念であった。もう一つ先で、闘えるとまた違った経験が出来たような気がする。ただ、攻撃に関しては上の世代よりもずっと楽しいサッカーができていたのではなかろうか?
 これが、若いということか、失敗を恐れず、無難にまとまろうという気持ちを感じさせないところが、気持ち良かった。
 守りに関しては、結果的にみても頼りない部分が出てしまった。この結果に満足することなく、これから先も上を目指して欲しい。
 メキシコ・アルゼンチン戦は、かなり熱い試合になりそうな予感である。

 で、オシムさんのところであるが、なんとか意地を見せてくれました。高原は体調はともかくも、ドイツで磨きがかかったようだ。まあ、あの中では実力も一番だと思われるので、ここは力の見せ所である。

 しかし、ヴェトナムは侮れない相手だ。もちろん地元ということもあり、スタジアムの雰囲気にも助けられているし、気候も熟知していることもあるだろう。
 でも、タッチ数を減らして素早く球をまわし、2列目、3列目が積極果敢に飛び出してくるサッカーは、観ていて楽しいし、日本にも見習って欲しい、いや、オシムの目指す「走るサッカー」がある程度出来ているンじゃないかと思わせる程である。

 勝点で並んだこともあり、予選最終戦はかなりひいて、カウンター狙いが予想されるが、十分心してかからないとコロリとやられる可能性も大である。
 ここはひとつ、本家「走るサッカー」を見せつけて欲しい(もちろん走り過ぎるのは困るが)。

 そして、愛媛FCであるが、先日の四国ダービーにも敗れ、遂に下から2番目になってしまった。四国のサッカーを根絶やしにしないためにも徳島共々、かなりの精進を望みたい。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
10 | 2017/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside