スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっこうに結果のでない愛媛FC、そしてラモス監督

 GW中は、腰の回復のためにも近所の散歩程度で比較的静かな日々を送ってきた。釣りの予定も幸か不幸かM.T君が風邪のため(充分な休養をとって、体調を整えて次回存分に楽しみましょう。)中止となった。
 
 しかし、愛媛FCは前節は休みで英気を養って、今節の山形戦での巻き返しかと思ったが、やはり格上の山形相手では、前線もむなしく好結果とはならなかったようだ。
 確かに結果は残念だし、このところの流れも良くないようだが、J2のリーグは長い。今後のなが~い道のりを意識して、調整をして欲しい。ここでの蓄積が必ずや、後に繋がるはずである。
 正直、このぐらいで考えないとこの先かなりへこみそうな気がするなぁ…。とりあえず、一戦一戦心して戦って欲しい。
 で、話は変わって東京Vのラモス監督である。あえて書く必要もないのだが、ひとくだり書かせてもらおう。
 個人的にチームもこの人も好きではないので、いいんじゃないという気持ちなのだが、サッカー界としては、このチームと選手たちの存在は不可欠だと思う、その気持ちは紛れも無い本音である。
 
 今年は、J1への復帰をかけて大幅な戦力増強で臨んでいるはずの東京Vとラモス監督のはずであるが、結果は見事な7連敗。そうそう7連敗はできない数字である。
 もちろん、監督だけが悪いわけではなく、選手たちの責任もかなり大きいわけであるのだが…。
 
 しかし、最初に責任を負わねばならないのは、当然責任者である監督ということになるのがスポーツ界の常である。
 東京Vファンではないので、やめろというつもりもないし、やめなくてもいいのであるが、結局、闘志やら精神力やらでサッカーをやろうという考えでは、調子が悪くなったときに気持ちだけでは、なんともならないということなんじゃないだろうか?どうでしょうねぇ。
 選手やファンが納得してれば、これ以上は東京Vについては、大きなお世話ということになるので…。
 
 で、なぜここまで書いてきたかというと、この人が代表について何じゃカンじゃいっていたし、その言葉に同意しかねていた。その上、ある人たちには監督待望論まであったとか無かったとか?まあ、それは実現することは無かったろうけどね…。
 日本リーグ時代、そしてJリーグ創世記には、周りのレベルもあってそれなりの評価をされていたと思うが、結局はそこまでの人だったということかな。
 
 まあ、まだ最終的な結果というわけではないので、挽回を期待するファンのためにも選手ともども奮起してください。ついでに、選手たちもちょっとだらしないぞ!と言わせてもらおう。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。