スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラークの「楽園の泉」が現実に

SEG
昨日は、タイガースの優勝と愛媛FCのネタだったのだが、元々はこのことを書こうと思っていた。

WIRED Newsによると、若き日に読んだA.C.クラークの「楽園の泉」で描かれた"宇宙エレベータ"の模擬実験が成功したとのこと。
宇宙エレベータは、NASAでも研究をしているらしいのだが、今回はアメリカの民間会社が、気球にぶら下げたケーブルを使って行ったらしい。詳しいことは、WIRED Newを読んでちょ。


写真はNASAのイメージだよ。

科学的な知識に基づいたリアルでシリアスな側面があるとともに、「幼年期の終わり」のようなロマンティックな側面もあって、高校から大学にかけて、A.C.クラークの作品にはまってしまっていた。いまでも「幼年期の終わり」は、私のSFベストといってもいい。

宇宙エレベータが現実のものとなるのも遠い未来ではないようだし、これまでの業績から見ても、彼の偉大さを改めて感じたニュースだった。

コンピュータも携帯電話も、みんな子どもの頃は「未来」だと思っていた、そんなものがいくつも「現在」になってしまった。
そう考えると、何に対してでもないのだが "感動した!!"

2005年9月の終わりに…。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2017/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。