スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Picchio Dal Pozzo "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi"

Abbiamo Tutti I Suoi Problemi Picchio Dal Pozzo "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi"(1980)をP.Hammillの紙ジャケシリーズを買いに行った時、ついでといっては変だが、一緒に思わず買ってしまった。

 Picchio Dal Pozzoは、名前からも判るようにイタリアのバンドである。そしてこのアルバムは、彼らの2nd.なのだが、昨年の夏に紙ジャケで再発になったというわけである。

 このバンドは、イタリアのバンドなのであるが、イタリアの典型的なプログレ様式、すなわちクラシカルなシンフォニックなものではなく、R.Wyattを代表とするカンタベリー・サウンドを展開する珍しいイタリアン・グループ。
 1st.アルバムのアバンギャルドな展開をより深化させた構成なのではあるが、ジャケットのとぼけたイラストでも判るとおり、独特のユーモアのセンスを要所要所にちりばめて、緊張させない。もちろんお得意の変拍子は、テンコ盛りなのであるが…。
 とにかく、ギター、ベース、キーボード、ドラム以外にリコーダ、ビブラフォン、saxなどなどバラエティに富んだ音色が次から次へと聞えてくる。

 全体的に現代音楽的な色合いが1st.に較べると強くなってはいるが、決して姿勢を正して聴くことを求められることはない。これは、彼らのユーモアのなせる技といえる。

 だれでも気楽に聴けるというサウンドではないけれど、個人的に1年に何回かは必ず聴きたくなるタイプの音楽。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。