FC2ブログ

あ~あ、イタリア勝っちゃったよ

 なんだか面白くないな~、ITA勝っちゃったよ。
 これまでの実績からいって、AUSの歩は極めて良くない。しかし、そこは名将ヒディンク、何かやってくれるのではと思い、期待しつつ観戦。

 AUSは、最初からボールを支配して、散発的にゴール前にいくのだが、効果的なシュートが打てない。ITAは、高い位置ではほとんどボールを獲りに来ない。予想通りのITAの作戦にはまっている感じ。
 一方、ITAはカウンター気味に一気にゴール前へ展開、シュートも枠を捉える決定的なチャンスをつくる。まったく、数少ないチャンスをものにせんとする、いやらしサッカー。

 前半は、だいたいこんな調子。後半もヒディンクが何か手を撃ってくるかと思えば、特に変わりなし。何だか意識が遠のいていく。
 気がつけば、イタリアが1点獲って終了。な、なんで?どうやら、PKもらって、いつの間にか出ていたトッティが決めていた。

 AUSは、ここまでよく戦ったと思う。身体を活かしたパワー・サッカーだけでなく、明確な戦術と確かなテクニックを持った、まとまったいいチームになっていた。次回からの予選は、厳しいぞオシム(仮)・ジャパン。

 次のSWI vs. UKRは、観戦見送りだったのだが、結果を見て、こちらを見れば良かった。PK戦の末、UKRが準々決勝進出。
 SWIが、勝つと思ったのだけど、得点源のDF、センデロスの負傷欠場が大きかったのか得点できず。
 PK戦になると若いSWIは、やはり精神的にもろかったのだろうか、残念だ。W杯の歴史で初めて無失点のまま大会を去るSWI、その瞬間を生で見ていなかったのは、こちらの失点だ。
 初出場でここまで来たUKR、勢いに乗って、次戦はITAを喰ってくれ!

 なんだか、残念が続く今大会。そろそろ大番狂わせ、アップ・セットを期待したい。そういった意味でGHAに驚愕の一発を期待したい。
 "ナカタの涙"を超える、今大会一番のサプライズだ!!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2019/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside