お楽しみはこれからだ!

 オーストラリア戦の敗戦で、確かに日本のトーナメント進出の確率は低くなった。

 しかし、まだ終わったわけではない。何よりもW杯は、まだ始まったばかりだ。
 日本にも18%弱(これまでの大会で初戦を落としてトーナメントに進出した確率)程の可能性はあるらしい。日本が勝ち進むことは、いないよりも確かに楽しいことだし、できればそうあることを願っている。
 でも、日本が残っていようがいまいが、W杯は続くのだ。日本は32チームのうちの1チームでしかない。日本が落ちれば、どこかが進む、日本が進めばどこかが落ちる。進めるのは半分しかないのだ。そこからが本当のW杯なのかも知れない。

 これから、本格的に2006年のW杯の歴史は創られていく。約1ヶ月続くW杯を楽しまない手は無い、面白くなるのはまさしくこれからなのだから…。
 
 クロアチアがブラジルに負けたとしたら、クロアチア戦は、100%の殴り合いのサッカーとなるだろう。これこそこちらの望むところ、選手たちも思う存分自分たちのサッカーができるだろう。そんなサッカーが観たい!!

 楽しくなければ、サッカーじゃない!、面白くなければサッカーじゃない!

 まさしく、お楽しみはこれからだ!!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside