スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいコート・ジボワール、やるなアルゼンチン

 今日は、いよいよ日本初戦のオーストラリア戦、勝点3を狙って楽しいサッカーを…。

 ところで、日曜早朝のアルゼンチン(ARG)vs.コート・ジボワール(CIV)戦は、これまでのところもっとも見ごたえのある楽しい試合だった。
 スウェーデンvs.トリニダード・ドバゴもなかなか厳しい勝負であったが、楽しさの面では、ARG vs. CIVが上、とくにCIVのアフリカならではの身体能力+必殺個人技+スピードは目を見張るものがある。こんなサッカーやられたら、日本はどうなっただろう。まず、あのスピードについていけるDFは、走るだけなら坪井だけだろう。浮き足立ち、慌てふためく選手の姿が頭をよぎる。

 しかし、そこはARG少しも慌てることなく、落ち着いて対処、その上、CIVのシュートがGK正面だったりでそのうち、キレキレのリケルメ、ノリノリのクレスポ、サビオラが的確に得点につなげる試合巧者ぶり。
 でも、敗れはしたが、CIVの天真爛漫、豪快なサッカーぶりには、未来への期待(大げさな)が多いに感じられた。次戦はさらにサクレツしてね!

 CIVの主将ドログバは、そのファンタジーアあふれるプレイだけでなく、強烈なキャプテンシーと真摯なプレーで高感度アップ。ドログバ選手に3000点(古っ)、ってな感じ。

 日本もオーストラリア相手に、こんなサッカーをしてくれれば楽しいぞ!
 中盤でのパス回し中心の消化不良サッカーだけは止めてくれ!

 オランダ、勝って良かったね!グリグリドリブラー・ロッベン、ありがとう!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。