FC2ブログ

「オックスフォード連続殺人」読了

Oxford昨晩、「オックスフォード連続殺人」(扶桑社ミステリー)を読み終える。内容からして、もう少し時間がかかるかと思ったのだが、意外や二晩で読み終えてしまった。著者は、アルゼンチン人で数学や論理学にも造詣が深いらしい。

探偵役が数学者で、ピタゴラス教団や「フェルマーの最終定理」、フラクタルの元祖、マンデルブローなど数学や論理学のキーワードが続々と現れる。しかし、そのことを理解するかどうかで、話が分からなくなる事はないから心配は無用だ。

殺人が起こるたびに著名な数学者の元に残されるメモは、何を意味するのか?次の殺人の予告なのか、なんとかその謎を解こうとするのだが…。
主人公が、結論へ向けてテンポよく誘導されていくし、ちょっと予想はするものの意外な結末も用意されている。ページ数も読みやすい量だ。

タイトルは"連続殺人"だが…。
ウンベルト・エーコの作品なんかのメタミステリーが好きな人には、少し軽いけどいいのかも。
私は、楽しめたな。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2019/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside