FC2ブログ

結城昌治『炎の終り』(角川文庫)読了。

 少し前に読了も書けていなかったもののその四、結城昌治『炎の終り』(角川文庫)。
 くどいようだが、昭和期ミステリーにハマっている、特に結城昌治がお気に入りである。

 この『炎の終り』は、日本のハードボイルドの嚆矢ともいえる私立探偵真木シリーズの第3作で、最終作。
 これまで同様真木は、失踪人の捜索を依頼される、今回の依頼人は引退状態の元女優青柳峰子。そして対象者はその娘由利。
 由利はヌードモデルなど派手な振る舞いで早めに見つけることができるのであるが、それをきっかけに殺人事件が起こっていく。

 いつものように事件の背景には歪んだ欲望や複雑な人間関係がうずまき、悲しい愛に生きた女優とひとりの男の過去が浮かび上がる。
 真木はその渦の中をさながら高見から見つけるがごとく淡々と真相へ進んでいく。
 これでシリーズが終わってしまうのが実にもったいない。この先も十分展開できる余地はあったと思うが、著者は真木を書ききったと下のかも知れない。

 車の普及、映画・芸能、薬物…新しいライフスタイル?今となっては当たり前であったり失われたりの者たちに時代の香りを感じながら楽しませてもらっている。
 そうしているうちに次も読み終えたので、また残りは3冊と変わらず。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
10 | 2018/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside