FC2ブログ

結城昌治『あるフィルムの背景 ミステリ短篇傑作選』(ちくま文庫) 読了

  少し前に読了も書けていなかったもののその三、結城昌治『あるフィルムの背景』(ちくま文庫)。
 なんというタイミング!ちくま文庫から日下三蔵氏の編集でマイ・ブーム結城昌治の短編集が11月に出ていた。
 表題作は昭和38年(1963)の発表、その後1970年代に本書第一部の7編とともに短編集として角川文庫から出版されたもの。
 本書はさらに角川文庫の『葬式紳士』収録の4編と『温情判事』の表題作を追加したお得?な新編集版。

 これまで読んできた長編も気に入っているのだが、本書に収められた作品は手元でスッと伸びるというか、食い込むというか…終了間近な平成にあってもまさしくハマっている。
 腰巻きにある通り「ハマりすぎて緊急刊行 昭和に書かれていた極上イヤミス見つけちゃいました」なのである。

 表題作は、ブルーフィルム(いまでいう裏ビデオ)の妻に似た出演者を見てしまった検察官がその裏を探って見たものは…その他、レイプに対する思わぬ形での復讐、ネグレクトされた少年の心の闇、DVから老いへ至るまで半生をかけた復讐、研究者の富と名声にかける欲、とにかくどの作品も「極上のイヤミス」。

 ブルーフィルムやバスの車掌、前の東京オリンピックといった流石に書かれた時代のアイテムなどに時代を感じさせるものはあるが、登場する人物たちの欲望や心の闇は、現代社会でも錆びることはない。
 「極上のイヤミス」に偽りなし。

 書けていないのもあと3冊、いつ追いつくか…

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
10 | 2018/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside