スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDは本当に高いのか?

Wired NewsによるとAP通信社と「RollingStone」誌が共同で行なった世論調査の結果では、多くの人がCDを高いと感じているとのこと。
この記事は、実に興味深く面白い内容である。

レコード会社の多くが、CDが売れないのはダウンロードや違法コピーのせいだと言っているのだが、この調査の対象となった人は、どうやらレコード会社の言うところの顧客ではないようだ。
もちろん、私もこの調査対象と同じ考えである(調査結果は記事を読んでね)。

音楽ファンの多くはきっと同じように考えているのではないだろうか?
きっと気に入った曲やCDは自分の手元に置いておきたいと考えるだろうし、購入もするだろう。
そう思わせる音楽が減っているからこそ現状があると考えられないかなぁ、レコード会社さん?

単純に考えると、レンタルやダウンロードで買わなくても聴けるので売れなくなったとなる。でも、それ以前にもFMエアチェック(死語か?FMを録音する事ね)あったし、レコードの貸し借りもしてたよ。
20数年前からアルバム一枚の価格はほとんど変わっていない、物価上昇から考えると値下がりしたとも考えられるのにどうして…。

となると、価値観の多様化という事になる。以前のようにメガヒットが出ない事から考えても人の趣味は人によって違うというわけ。
大変だけど、色んなタイプのCDを発売しないとダメだということ、その部分が企業努力のしどころ、オリジナリティを発揮する部分になってくる。
そういう会社も増えてきたと思う、だから信じられないようなタイトルのリイシューとか紙ジャケとか10年前よりも買うCDが増えている。

そして、調査結果にもあるように音楽の質が低下したというのが本質だと思う。ちょっと売れたものがあると雨後のタケノコ(タケノコに失礼かな)のように、同じようなのを出してくる。1年も経てばどこかへ消えていってしまうようなものを出しては売れないはないだろう…。

もっと売れるものを探し、つくるそういった努力が必要だし(大変だろうけどね)、売れない事はある意味で消費者の判断だ、市場はCDを高いと感じているのだろう。
悪CDが、良CDを駆逐した時代が去ろうとしているのか…。
スピッツのRecycleは出たときから、ずっと売れているし、廃盤になると決まって、ばか売れしているらしいじゃないか!

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。