FC2ブログ

M・ヨート/ H・ローセンフェルト『白骨』(上)(下)読了。

 スウェーデン・ミステリー、犯罪心理捜査官ゼバスチャンシリーズの3作目『白骨』()()。
『怪人ジキル』の前に読み終えていたのだが、その筋の話題の書『怪人ジキル』を優先してしまった。

今回の事件は、トレッキング中の女性が見つけた6体の白骨死体から話が始まる。その頭蓋骨には銃弾による穴が…。
セバスチャンら殺人捜査特別班が現地へと早速駆り出される。死体は子供らしき2名を含むものだが、身元はわからず、謎は深まってゆく。

なにやら猟奇的大量殺人か…と盛り上がるのだが、ストーリーはチームのヴァニアとセバスチャンの関係を中心にメンバー内の様々葛藤が挿入されるのと、事件の元と思われるムスリム移民関連の展開が細切れになってさっぱり落ち着かない。

これまで、セバスチャンの嫌キャラで引き回していたのだが、今回はそれが効いてこない。キャラの魅力減少で黄色ランプ点灯中となった。
風呂敷を広げた6人の殺人の捜査も尻すぼみ気味で、思いの外あっさりと風呂敷がたたまれてしまう。
どちらかと言うとチームの人間関係がメインで殺人事件がサイドストーリーのようだ。本末転倒、これでは当方は愉しめない。
映像化を意識した展開になっていて前作と比べるとかなり、読ませないものになってしまった。
最後の最後がトンデモ的に終わっているのも映像的なるものの典型か…。

とりあえず読み終えはしたが、かなり残念な印象。
次が大丈夫か心配だ。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2018/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside