God does not play dice. ~ 神はサイコロを振らない by A.Einstein

なんだかなぁ…日テレで「神はサイコロを振らない」という番組をやるというので、楽しみにしていたのだが、なんとこれがドラマだというのだ。
てっきり、アインシュタインに関係あるサイエンス・ドキュメンタリーと思い込んでいた。
がっかり!!(内容がどうあれドラマは見ないよな。)

「神はサイコロを振らない」というのは、かのA.アインシュタインがN.ボーアとの不確定性原理に関する論争で語った言葉。英語では"God does not play dice."となるので、「神はサイコロ遊びをしない」とも訳されている。

不確定性理論というのは、量子力学の考え方でとても難しい考え方である。一つの例が、原子核の周りにある電子がどのように存在しているかというもの。
高校の物理では、電子はいくつかの軌道を回っているという風に表されていたはず。
しかし、量子力学によると電子は、観測したその瞬間に観測された場所にあるのであって、通常はどこに存在するのか特定はできないのだそうだ。そのいる場所を点として表していくと観測される確率の高いところに点が多くなってくる。
それはあたかも原子核をとりまく雲のように見えることから電子雲と呼ばれている。
(あくまでも、私の理解の範囲で書いているので、間違っているかも…そのときはゴメン。)

アインシュタインは、物理とはとても美しい法則に従って成り立っているものだと考えていて、偶然に存在する様なものではないと信じていた。
だから、その不確定性原理の存在を認めながらも、最後まで受け入れられなくて、この言葉を発したのだ。
現在では、この確率論的な部分について、「隠された変数」が存在するのでは…と考えられるようにもなっていて、その変数が見つかれば、真に「サイコロ遊びをしない」ことの証明になるかも知れないのだ。

さすがアインシュタイン、我々の理解を超えた深さである。

ところで、そのドラマってアインシュタインや相対性理論なんかと関係あるの?

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside