スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A.インドリダソンの『声』読了

Koe_Roddin_Pola.png 夕方前に新宿から戻って、とっととよることを終わらせて、夕飯の支度。さきほど、夕食も食べ終えて一息ついた。
 今日は、午前中は洗濯と買い物をして、昼過ぎから読みかけのA.インドリダソンの『声』を読む。

 ホテルのドアマンが、ホテル内の地下の自室で無残な姿で殺されているのが見つかる。
 捜査にあたるのが、エーレンデュル刑事とその部下たち。アイスランドが舞台のエーレンデュルシリーズは3作目。

 殺された男は、少年時代ボーイソプラノで名を馳せたスターだった。しかし、突然その美声を失った彼は、なぜホテルの地下で殺されなければならなかったのか…。

 前作同様に本作もアイスランドの雪空(見たことはないが)のように暗く重苦しい。全体を流れるのは、殺された男、もう一つの(DV)事件、そしてエーレンデュル自身のとてもとても悲しい家族の物語である。

 息つくまもなく、読める時間いっぱいを使って一気に読み終えた。ずしりとくる読後感と頭のなかで響くボーイソプラノの「アヴェ・マリア」。涙こそ流さなかったが、泣きそうになる。

 ちなみに”このミス”本年度の順位は5位。

コメントの投稿

非公開コメント

Sugataさん
今年もよろしくお願いします。
おっしゃるとおり、読後にヘビーな気持ちにさせられますね。
でも、それが嫌な感じでないのがすごいです。私にとって、これからも先が楽しみな作家です。

No title

インドリダソンはすっかり安定株になりましたねぇ。読後はけっこう憂鬱になったりもしますが(苦笑)、私もお気に入りの作家です。『声』はまだ未読ですが、やはり期待できそうですね。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2017/03 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。