スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島レコード、Walter Bishop Jr."Speak Low"

Speak Low


 「スピーク・ロウ」ときいて反応する人は、80年代に思い入れを持って音楽を聴いた事がある人なのかも。

 もちろん南佳孝の「モンロー・ウォーク」の入ったアルバムも思い入れのある人も多いことだろう。

 今回の「スピーク・ロウ」は、ジャズ・ピアニスト、Walter Bishop Jr.の"Speak Low"である。


 今から30年ほど前、キング・レコードが、このレコードを発売した。そのときの帯には「無人島レコード」だとの惹句が書かれていた。

 当時、バイトをしていたレコード店のジャズ担当の大先輩にちょっとその薀蓄を語ってもらった思い出がある。  オリジナル盤は、Jazz Timeというマイナーレーベルから1961年に出され、ピアノ・トリオの幻の名盤と言われていた。


 とにかく、誰にもわかる流麗でウキウキさせるようなピアノプレイとそれを力強く導くJ.Garrsonのベース、歯切れの良いG.T.Hoganのドラム。どれをとっても香ばしい。


 間違いなく"名盤"。

 当方にとって「無人島レコード」という言葉もこれが最初だったかも…。


コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2017/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。