スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A.グルーバー『黒のクイーン』読了

Schwarze_Dame

 昨晩、アンドレアス・グルーバー『黒のクイーン』を読了。
 グルーバーは、昨年『夏を殺す少女』で日本デビューしたオーストリアの作家。『夏を殺す少女』は、個人的には気に入っていたので、本作も手にとった次第。

 プラハでおこった絵画の焼失詐欺?事件調査のためウィーンに住む保険調査専門探偵ホガートがプラハへ向かう。
 出だしは、美術品を廻る国際犯罪組織とホガートの対決か…?となにやら大風呂敷に胸が踊りかけたのだが…。
 ホガードの前に送り込まれていた女性調査員が殺され、それが猟奇的な連続殺人だったという思わぬ方向へ。

 それが、タイトル「黒のクイーン」ともつながっている。連続殺人犯を追いかけるホガートとプラハの女探偵イヴォナとその弟などなど、脇も白黒灰色と賑やか。
 
 思った方向の話ではなかったが、そこそこ楽しめませてもらった。一応、次作も予定されているらしい。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。