スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜国雅彦『本棚探偵 最後の挨拶』(双葉社)読了。

Goodbye_Bookshelf_detective
 昨日、喜国雅彦『本棚探偵 最後の挨拶』を読み終える。

 図書カードを使って買ったことをTweetしたら、喜国さんから返信を頂いてしまった。無いとは思うが、次作があって覚えていたら、あとがきに書きてくれるとのこと。

 内容は毎度のことながら、探偵小説・古本好きには、たまらないバカバカしいけど楽しい「本棚探偵」シリーズの最終作。


 さすがに4作目ともなると、新なネタばかりでもなく多少、新鮮さと装丁の新機軸はない。

 とはいえ、まったくこの本の中に登場するマニア(書痴?)の方々には、呆れるのであるが、それはそれで羨ましいと感じる。


 多分、 喜国さんは何らか次を書くんだろうけど、コチラの希望は最終章の「黒函紙魚の会」は、次回のシリーズ化か…。

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。