J.ケリー『逆さの骨』読了

Moon Tunnel.png


 ColtraneとMilesを聴きながらジム・ケリー『逆さの骨』(東京創元推理文庫)を読み終える。

 
新聞記者ドライデンシリーズ第3弾。
遺跡の発掘現場で発見された人骨は、遺跡時代のものではなかった…第二次世界大戦期の英国内の捕虜収容所を背景に様々な人間の心が錯綜する。
 実に骨太の英国ミステリー、読み応えあり。

 ということで、これを読み終えたので喜国雅彦『本棚探偵 最後の挨拶』に取りかかった。とにかく古書好きにはたまらない、ページが進む。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside