J.カーリー『イン・ザ・ブラッド』(文春文庫)読了。

In_The_Blood_Pola


 なんとほぼ2ヶ月ぶりだ。

 読書集中力の欠落という状態が続き、まったく読書に身が入らないという人生でも稀有な経験だった。それも原因不明という打つ手なし状態、読もうとするのだが、少し読むと猛烈な眠気に襲われ、さっぱり進まない、読んでもストーリーが頭に入ってこない。


 そんななか、久しぶりのカーリーの5作目。派手な出だしで、グッと入り込んだが、その後がちょっと…。

 しかし、カーリーはただ者ではなかった。終盤に入ったあたりから怪しい方向へ、そしてお約束のエグエグが待っていた。まあ、それで終わらないのがカーリー。


 カーリーは、独自の世界と地平を切り拓き突き進んでいると思われる。

 厚さも値段も読書力のリハビリには最適だった?


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside