スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクル・コナリー『スケアクロウ』(講談社文庫)読了

Scarecrow一昨日の晩、マイクル・コナリー『スケアクロウ』(講談社文庫を読了。
上巻の中盤までは、作品にはまり込めなかったのだが、それ以降はさすがコナリー、ページを捲らせる。

今回は、『ポエット』(扶桑社ミステリ)の新聞記者ジャックとFBI捜査官レイチェルの共演。

事件は、陵辱され殺された女性が、車のトランクから発見される、その車を盗んだ若者が逮捕される。しかし、彼の母親を名乗る女性から記事を書いたジャックに抗議の電話が入る。事件に疑問をいだいたジャックは…。


ネットに押されリストラせざるを得ない印刷媒体(新聞)、ジャックもレイオフの対象となる、このネットと旧媒体のせめぎ合いも含め、単純に犯人を置くだけではないところが、コナリーらしい。



ただ、犯人たちの描き方が意外とステレオタイプな枠にハマっているし、ネット世界を絡めた展開も予想の範囲内というか…。読んでいるあいだは楽しめるが、コナリー特有のヘビネスというか、ガツンと来るものがなかった。


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2017/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。