FC2ブログ

C.S.フォレスター「終わりなき負債」読了

PaymentDeferred昨晩、C.S.フォレスター「終わりなき負債」(小学館 C.C.C)を読み終える。
これもAmazonのマーケットプレイスで300円+送料340円で購入。長さは、ちょっと集中して読めば2日ほどで読み終えるくらいかな…

C.S.フォレスターといえば、ハヤカワ文庫NVの「海の男ホーンブロワー」シリーズの著者として知られている。かくいう私も今を去ること四半世紀ほど前にこのシリーズを愛読していた。

この「終わりなき負債」は、「ホーンブロワー」を書く前の作品で、ジャンルとしてはミステリー。
ストーリーは、1930年頃のロンドンが舞台、さえない銀行員がオーストラリアから尋ねてきた金持ちの甥を…、その銀行員は金持ちになったにもかかわらず、終わることない「負債」に苦しむ。描写が淡々としていて、かえって主人公の心理的不安が伝わってくる佳作。

「ホーンブロワー」のイメージとは違った、ダークな展開で最後に訪れる結末もダーク。
あとがきなどでも触れられているのだが、後のJ.トンプスン(タイのシルク屋さんとは無関係ね)などの「パルプ・ノワール」のはしり的作品である。
J.トンプスンもお薦め。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2019/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside