FC2ブログ

チャールズ.L.ハーネス「パラドックス・メン」読了

 ある一部で盛り上がっている?チャールズ・L・ハーネス「パラドックス・メン」(竹書房文庫)を日曜に読み終えた。
 SFジャンルでは、永遠の幻本で永らく翻訳が待たれていた作品、大風呂敷を広げてスーパーアクションが繰り広げられる(そのスジの人には怒られそうな表現だが)ワイドスクリーン・バロックの嚆矢といわれている。

 時は西暦2177年、地球はアメリカ帝国と東方連邦(中国?)の二大勢力支配となり、地球を飛び出した物語は太陽系を股にかける。
 <盗賊>と呼ばれるねずみ小僧次郎吉結社が現れ、支配階級から金品を奪い、奴隷を開放する。<盗賊>は、弾丸を無力化できるので、帝国警察は銃だけでなく特殊なサーベルを佩いている。
 帝国を支えるエネルギーは、太陽探査で得られた超元素ミューリウム等々、そこら中にSFごころをくすぐるアイテムが散りばめられ、それらが若干の無理をはらみながら絡み合っている。
 自らのアイデンティティを失った主人公 盗賊アラール、帝国の実力者ヘイズ=ゴーントを始めとする敵たち、そしてゴーントの妻ケイリスと一癖二癖ある登場人物が絡む。
 怒涛のように展開した風呂敷は、最終的に時空を超え哲学的な要素でクシャクシャにされて…。

 確かに疾風怒濤の展開にグイグイと読み進められた、面白くもあった。確かにワイドスクリーン・バロック?大風呂敷が嫌いでなければアリである。

 個人的には、若き日に読んだベスターの「虎よ、虎よ!」の衝撃を超えてはいないというのが実感。

 とはいえ、面白かったので彼の多分本邦初紹介?「現実創造」掲載のSFマガジン 1964年7月を入手して読んでみた。
 こちらは、ワイドスクリーン・バロックとは程遠い、科学と哲学をキーにしたストーリー、これはこれで悪くなかった。

 SFマガジンのほうは、映画「博士の異常な愛情」の広告や紹介、当時としては大型の記憶装置の実用化や円盤型潜水艇構想、心臓ペースメーカーを取り上げたコラム等、興味深く楽しんだ。
 久しぶりのSFをどっぷり楽しんだ。

第60回 神田古本まつり

 昨日神田古書まつりに行ってみた。
 盛林堂書店の「沙漠の伏魔殿 ―大阪圭吉 単行本未収録作品集 3―」の購入がメイン。
 これまでも行ってみようとは思いつつも人手があると…で見送っていた。

 今回は、上記の本をネット予約せずに入手するために出かけてみた。
 結果、すごい人出でそれだけで気持ちがめげた。本を物色するどころか通りを歩くのも困難。

 大久保書店の大久保さんに挨拶をして、盛林堂書店ので店によってロスマク「動く標的」(創元推理文庫)と目的の「沙漠の伏魔殿」をゲットして、オールブラックスvs.レッドローゼスの試合に間に合うようにそそくさと引き上げたのであった。
 本はみたいが、あの人出は当方には無理というのを痛感。

名古屋での仕事の後の収穫

 一昨日の名古屋出張の際の収穫。
 仕事の後、念の為余裕をもったチケットだったので、少し古本屋を回ってみた。全部で1000円ちょっと。
「幻想と怪奇」はP199~214まで逆とじのエラー本で500円也、国内作家は店頭本。

 まあ、このとことろの読書エンジンの不調で、消化速度はかなりの減速気味。
 これまでの積ん読ものと合わせ早急な消化を目指したいのだが…。

懐かしのフィルムカメラ

 昨日、仕事先の大先輩からフイルムカメラ2台を譲っていただいた。
写真の右側はフジの中判(ブローニー)カメラGA645 Professional、左は京セラのAFレンジファインダーカメラ Contax G1レンズはBiogon 28mm。

 GA645は、特に思い入れのようなものは無いのだが、G1は発売の1994年当時、かなり話題になったモデル。
 発売後、これまたお世話になっていたアートディレクターがお持ちでよく現場に来ていたもので、こちらの物欲を大いに刺激された憧れのカメラだった。
 当時は、レンズと本体をあわせて買うだけの財力もなく、その後MinoltaのTC-1という世界最小高級コンパクトカメラを最後のカメラという言い訳で買った。

 そのTC-1もその数年後にはデジカメに取って代わられ、やがてそのデジカメも今はiPhoneに…、ということでほとんど単体のカメラを持ち歩くこともなくなって久しい今日このごろ。
 今もフィルムは大型カメラ店で売られているし、現像サービスも続いている、久しぶりにフィルムの世界を体験するのも悪くは無さそうだ(とはいえいつ実行するかは?TC-1の動作も確認してみないと)。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2019/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside