FC2ブログ

笹沢左保『死人狩り』(平和新書)読了

 昨晩、笹沢左保『死人狩り』(平和新書)を読み終える。
 同世代の人は、このタイトルには多少の記憶があるのではないだろうか、そうでなくても柳ジョージ&レイニーウッドの「雨に泣いている Weeping In the Rain」が、ショーケン主演の同名ドラマの主題歌としてヒットしたことは記憶にあるだろう。
 中学〜大学2年までテレビ見ない族の当方は、残念ながらそのドラマを見ていないのであった。

 出版当時は、話題作だったのかも、高松英郎主演で『乗っていたのは二十七人』というタイトルでドラマ化されているようだ。

 27人を載せ西伊豆を走るバス、そのバスが事故を起こし伊豆の海に転落、乗っていた乗員乗客全員が死亡する。このバス事故は、フロントガラスに銃弾を打ち込まれたことが原因の殺人事件と判明する。
 誰を標的に26人もの無関係な乗客たちを巻き添えにしなければならなかったのか、恐るべき大量殺人の真相はどこにあるのか?
 事件を追う静岡県警の浦上刑事の妻と二人の子供もこのバスに乗り死亡していた。悲しみと怒りを胸に事件の真相を明らかにするため27人の犠牲者の捜査”死人狩り”に取りかかるのであった。

 なんと絶妙なタイトル、そして設定。
 浦上の捜査は、いくつもの空振りを繰り返し、一筋縄ではいかない犠牲者それぞれの事情をあぶり出していく。このそれぞれの事情が事件の真相と結びつくわけではないのに、グイグイとページを捲らせてくれるのだ。

 昭和40年当時の時代もあり、今どきピンと来ない部分もなくもないが、当時としては27人が殺されるという大量殺人は異色のミステリー。
 設定・展開とも文句なし、満足の一冊。
 どういうわけか、昭和ミステリーに対しては読書エンジンが快調に転わってくれているようだ。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
06 | 2019/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside