FC2ブログ

紅 東一『午前零時の男』読了

 昨日は、世間は盆休みということもあってちょいと早めにあがって西荻の古書店盛林堂へ。
 目的は、このお店が出している盛林堂ミステリアス日文庫の 紅 東一『午前零時の男』の購入。限定の出版とあってネットではうまく購入できない可能性もあったので、店頭販売初日に参上となった。
 それもあってなんとかゲット。早速、手を付けたらあっという間に読み終えてしまった。

 収録されているのは、昔の日活の無国籍アクション映画のような短編が4作。どれも悪くいうとペラッペラの軽〜い展開。とはいえ、今となってはこんなお話誰も書かないし、たまにはこんなのもいいかな…。
 あわせて装丁は、知る人ぞ知る昔の春陽文庫のテイストという狙いがハマっている。まあ、一瞬ではあるが愉しませてもらった。

 本当は、同じ作者の別名義の作品集が本命、来年めどのそちらの出版を愉しみに待つべし。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2018/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside