ローラン・ビネ『HHhH』(東京創元社)読了

 発売は2013年で昨年入手済みも取り掛かることができ無いままになっていたローラン・ビネ『HHhH』(東京創元社)、久しぶりのノンフィクション。

タイトルのHHhHとは、Himmlers Hirn heiβt Heydrich(ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)の頭文字。
ナチス時代に唯一暗殺されたナチス高官ラインハルト・ハイドリヒとその暗殺を実行した2人のチェコスロバキアの若者の物語。
ハイドリヒはユダヤ人虐殺の中心人物で「金髪の野獣」と恐れられていた。

事実関係を順を追って行くだけでなく、かなり作家の考えや思いが織り込まれてかかれているので、随所で気持ちを入れ直しながら読んでいく形になった。

映画「暁の七人」を観たくなった(なんか随分前に観たような気がしないでもないが…)。

Sgt.Peppers…の50周年

  Sgt.Peppers…の50周年、ということは様々なサイケデリックなアルバムの50周年でもあるということでもなかったのだが、おサイケのマイブームが再来しいる。
来年はThe Zombiesの”Odessey and Oracle"も50周年。もちろんそのCDはあるので、91年に出たThe Chrysanthemumsの幻のフルカバー”Odessey and Oracle”だ。
英国のNWバンドThe Deep Freeze MiceのAlanが中心であるが、脱力
ローファイなサウンドで大先輩に敬意を評したもの。
ジャケットのバンド名のHが後付けというのも、本家の”Odessey"スペル違いまで、パロディしてるのか!

その他、67〜70年頃のおサイケアルバムを入手。嵌まる。
左上から
The Astral Projection”Astral Scene”
The Love Machine"Electronic Music To Blow Your Mind By”とFLOWER POWER SITAR”RAJPUT & THE SEPOY MUTINY”のカップリングCD
Joe Byrd & The Field Hippies”American Metaphysical Circus”
Birmingham Sunday”A Message from Birmingham Sunday”
Morning Dewの5タイトル。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside