雨の熊野路

  和歌山出張、1日目は天気に恵まれたが、昨日は午後から生憎の雨模様。
紀州熊野らしい天候のなか、熊野古道の入口あたりを数か所回る。
この高原地区の展望場所からの霧に霞む熊野の山々と里山風景、外国人ハイカーたちもお気に入りのようであった。

すぐ近くの高原熊野神社には、巨大な楠木がおわします。このクラスの巨木があちこちにあるそうな

久しぶりのアナログ盤 J.Foxx "The Garden"

昨日は、自宅作業の合間をぬって阿佐ヶ谷に昼食を食べに出かけた。その際、古書コンコ堂と少し前にできた中古レコード店オントエンリズムストアをのぞいてみた。

オントエンリズムストアは、開店した頃に寄ったことがあって、「Sound of Music」の日本盤の公開時のサントラが100円だった。その時ゲットしたかったのだが、自転車だったこともあり次回に…しかし、もう売れたようで見当たらず。
そのかわりというわけではないが、学生時代に買わずにいたJohn Foxx”The Garden"のビクター音産盤を600円にてゲット。

そのころは、テクノ、ニューロマンティクスなどといわれたサウンドだが、改めて聴くとこのアルバムは、思ったよりもロックしていた。

帰宅後の作業BGMとなったことは、言うまでもない。

J.トンプソン『血の極点』(集英社文庫)読了

先日、古書店でゲットしたJ.トンプソン『血の極点』(集英社文庫)を読了。

フィンランド警察カリ・ヴァーラシリーズの最終巻。最終巻と書いたが、話が終わったわけではない。トンプソンが急死したためこれが最終となった次第である。

今回も弱きを助け、法の隙間と敵の弱みを突いた攻めでフィンランド社会の悪を挫くヴァーラたちであった。
ただ前作までの流れを引き継ぐ展開が長い。今回のお話がなかなか始まらない、そのうえ解決までが思いの外タンパクなので物足りない。

ゆくづく、いよいよヴァーラが警察官として本格的に法で裁けないヤカラを切りまくる立場になって…というところで次作がのぞめないのが残念。

Van der Graaf Generator "Do Not Disturb" アナログ版

DoNotDisturb_LP


 7月にUKのBurningshedにプレオーダーしていたVan der Graaf Generatorの新譜”Do Not Disturb”アナログ盤が、金曜に到着。
 9月27日に発送したとのめーるがあり、発売日(9月30日)から遅れること1週間での到着となった。もう少しかかるかな…と思っていたが、嬉しい誤算。
 CDとアナログ盤のどちらにするか悩んだが、今回はアナログとした。しか〜し、なんとCD盤に選べ、"Forever Falling" "Shikata Ga Nai"の2曲少ない内容で少し残念な気もする。

 アナログ、CDのどちらがメンバーの目指した形なのかが不明のため、アナログで良しとする。それに未収録2曲はすでにYou Tubeにて確認済み。

 昨晩、デジタイズ実行したが、DL103のカートリッジとシェル周りのアースがきちんとしてないようでノイズがのっていた。
カートリッジセットをMC10に変えて再デジタイズ、サウンドはいつもながら力強くかつ繊細。どの曲もVdGGにしか出せないサウンドで唯一無二の音世界、恐るべきロック爺3人組は未だ健在、VdGGのGGはロック爺のGGか(笑)。


Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2016/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside