日影丈吉の『幻影の城館』(河出書房)読了

 ここ何年か読書のしかたが変わってしまった。以前はつかれていても寝る前のや電車の中での読書が気分転換だった。
 しかし、今では布団に入って本を広げるとすぐに睡魔が襲ってくるし、移動中の電車の中もなんとなく周りの会話や音が気になってしまう。

 昨晩、久しぶりの日本人作家日影丈吉の『幻影の城館』(河出書房)を読み終えた。さまざまな時代の作品全11編収録の河出書房オリジナルの傑作選。
 どの作品も日影節というか、独特の不思議な感覚に包まれた作品が並ぶ。最後にドキッとさせる「オウボエを吹く馬」に始まり、あるときはノスタルジー、そしてあるときはエロティシズム、そして謎解きと著者のさまざまな面が楽しめる。

 幾つかの作品集を読んでいるが、どの作品未読、この一週間忙しいなかでも楽しめた。
 もう一冊、日影集が出ているようだが、そちらは既読作品が多そうだ。

地下鉄駅ビルのツバメの巣

 赤坂見附駅入口にツバメの巣を発見。
 雛はほとんど大人、そうなるまで気が付かなかったのは、その場所のせいもあるが、毎日うつむき加減で歩いていたのかも。

 階段を上がっている時、ふと目線をあげたら視界を横切る素早いものに気がついた。
 慌ててその軌道の起点を見てみると…。
 親切な駅員?か、ビルの管理者のおかげで巣の下には板があてがわれている、ひょっとすると糞の落下を防ぐ意味もあるのか?

 間もなく巣立ちといった感もあり、元気に旅立ってほしい。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2016/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside