スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得した気分の秋咲きの桜?

Idohachiman_sakura 今日は5時おきで高崎方面でお仕事。そのお仕事中に見つけた桜と思われる花。

 神社の境内の本殿わきに八分咲?の1本と鳥居わきにもう少し遠慮がちなもう1本。そういう桜があるとは聞いていたが、実物を見るのは初めてのような気がする。
 ちょっと得した気分になった。

 明日も朝からそこの近くでお仕事。
スポンサーサイト

H.ギルバース『ゲルマニア』、レネ・ノイハウス『悪女は自殺しない』も読了

Germania_Pola  昨日の『アルファベット・ハウス』より以前に3冊読み終えているのだが、まだ書いていなかった分を…。

 まずは、直前のH.ギルバース『ゲルマニア』(集英社文庫)、これも第2次大戦終戦のドイツ、それもベルリンが舞台。
 主人公はユダヤ人の元刑事オッペンハイマー、この時代ユダヤ人は公職を追われ製造工として暮らしていた。連合軍の空襲に脅かされる日々に女性の性器をえぐるという猟奇的な殺人が起こる。
 親衛隊から事件捜査の協力を命じられるオッペンハイマー。親衛隊の捜査という強力な立場とユダヤ人という矛盾した立場で揺らぎながらSS将校にはできない冷静で緻密な捜査と推理を積み上げる。

 事件解決もさることながら、戦争とナチスによる支配という特殊な状況の中で主人公と周りの人間の人間模様が描かれる。
 『アルファベット・ハウス』に負けず劣らないガッツリと骨太な一作、第二作もこの時代が舞台とか…それも楽しみだ。

続きを読む»

J.A.オールスンの『アルファベット・ハウス』(ハヤカワ・ポケットミステリ)読了

Sebastian.png   一昨日、J.A.オールスンの『アルファベット・ハウス』(ハヤカワ・ポケットミステリ)を読み終えた。
 ポケミスの2段組で576ページもある大作?である。そのうえデビュー作ということもあり、恐る恐る読み始めてみたが、これが息つく間もなくページが進み、最近の落ちてしまった読書スピードがウソのように、3日で読み終えた。

 第一部の舞台は第二次大戦終盤のドイツのSS将校用の精神病院。墜落した英国空軍のパイロット2人が身分を偽って潜り込むのであるが…。当然のことながら、普通の生活が送られるわけでなく、恐ろしい数ヶ月が待っているのであった。

 第二部は、そこから抜けだしたパイロットの片割れが、28年後のミュンヘン五輪の年においてきたもう一人を探しにドイツへ向かう。
 ここから、28年前の悪夢の素と退治しながら、片割れとの再会を目指す冒険サスペンス。

 まあ、言葉の壁や体力等々、多少無理な部分もなくはないが、先の読めない展開についついページをめくってしまう。たいした数が読めてるわけではないが、面白さでは今年一番かも…「読まずに死ね…」な作品かな。
  来月出る『特捜部Q』シリーズの新作が待ち遠しい。

iOS用音楽プレーヤー"FANTABIT"が復活

FANTABIT ICON ハイレゾが騒がれる昨今ではあるが、手持ちのCDをMP3でリッピングしてきたので、1000枚を超えるリッピングのやり直しはちと辛い。とはいえ、できるだけいい音で音楽は楽しみたいのが人情である(かどうかはその人次第か?)。

 当然、外出中もその気持に変わりはない。
 その昔とはいっても2〜3年前なのだが、iOS用高音質音楽プレイヤーappにFANTABITというのがあった。
 このappは、MP3化するなど圧縮されたフォーマットの音源を補完して再生するものだった。

 当時のiTuneは、恐ろしいほどのペラペラの貧弱な音での再生しかできなかったため別にKenwoodのDAPを愛用していた。そんなところでFANTABITにであってiPhoneでの音楽鑑賞ができるようになったと喜んで800円で購入した。
 まあ、再生中のバッテリーの消耗が大きいという弱点はあったが…。

 そんなFANTABITが、iOS8になって完全に動作しなくなっていた。ふと思いついて、9.0.2にしたiPhone4sに入れ直してみたら…なんと動作してくれた。
 さらに現在使っているVoxと聴き比べてみたが、やはりMP3の音源を聴く限りFANTABITが、艶、張り、繊細さなど明らかに良い。

 まあ、一昔前のアンフラットなインターフェイスと色使い、使い勝手がイマイチなところはがまんして、久しぶりの復活である。

 おすすめしたいAppではあるが、いまはApp Storeで取り扱いがないのであった。

朝日新聞の読書欄で「ゲイルズバーグの春を愛す」が…

 朝日新聞の読書欄で大貫妙子のお薦めとして、ジャック・フィニイの「ゲイルズバーグの春を愛す」(ハヤカワ文庫FT)が取り上げられた。
 それもあって杉並区の図書館の予約は、かなりの数が待ちになっているらしい。連れ合いのからの情報だが、連れ合いは一番予約で借りられたとのこと。

 とはいえ、屋根裏のダンボールをほじくり返せば…(笑)。

右股関節痛は改善するのか?!

MRI Image 本日午前中に、右股関節痛の診断と処置のため紹介された総合病院へ。
 クリニックで先週の木曜にMRI画像による診断の結果、捻挫が原因で股関節に水(関節液)が溜まっているということになった。 そこでは処置ができないので総合病院を紹介されていたもの。

 MRI画像をもって診察へ。再度のレントゲン撮影をされ関節及び骨には異常なし。MRIを確認、やはり水が溜まっているとのことで、写真の関節を取り囲むように見える白い部分が、水だそうだ。

 早速水抜きの処置。処置台に横になり、医師がエコー画像を見ながら、股関節に4cm位ある針をつけた注射器をプスリ。
 刺す痛みは大したことなく、ぐっときて水のところへ向きを変えているのではないかと思われる際に痛みが強くなったが、3分ほどで終了。

 まだ痛みはあるものの、全体に動作は楽になった気がする。
 3ヶ月にわたる痛みが治まり、このまま良くなってくれれば…。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
09 | 2015/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。