スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊Stereo誌付録のスピーカー

Speaker_Kit_Pola.png

 月刊Stereo誌の付録にFostexのスピーカーがついていた。合わせてONTOMO MOOKに自作用エンクロージュア・キットが付録に。  Quoカードを使ってこの2冊を買って、気分転換に工作してみることにした。やってみると、あっさり出来上がった。

 ところが、ウチのオーディオシステムのアンプは、スピーカは2系統つなげるが、切り替えができないことに気がついてしまった。
 一応、鳴るかどうか確認したが、立派に鳴ってくれた。それで、居間のテレビ用にと思ったが、これまたアンプが必要なので、最近流行りのデジタルのミニ・アンプを探しに秋葉原へ行ったが、怪しくなって、風も吹きはじめたので、開けっ放しの窓が心配で目的を果たさずに引き上げ。
 駅から家までの中間すぎで遂にゲリラ豪雨につかまった。自転車だったので身体が前面はずぶ濡れに。
 開けたままの窓だったが、被害が出る前に戻れた。結局、雨の気配に急ぎ帰宅で、目的は果たせず。

 出来上がったスピーカーは2Wayなので、電解コンデンサもついている、これをいいのに変えると、音も良くなるとか、それは今後の楽しみにとっておくことにした。
スポンサーサイト

J.A.オールスン『特捜部Q 知りすぎたマルコ』読了

Marco_Effekten

 木曜に、J.A.オールスン『特捜部Q 知りすぎたマルコ』読了。
 いやいや、とにかく面白い、ページをめくる手が止まらない。かなりなボリュームだったが、実質2日で読み終えた。

 腰巻きに"お願い! 早くマルコを助けてあげて!"との言葉通り、犯罪グループから抜けようとする少年マルコに次から次へと襲いかかる危機。

 そこへ、毎度のように特捜部Qの"愉快な仲間"たちが絡んでくる。キャラクターは"愉快"だが、お話は決して愉快ではない。
 いつものようにデンマーク社会の様々な側面も織り交ぜられて、読み応えも十分。

 まあ、そんなややこしい話は抜きにして、"マルコの冒険"にハラハラ・ドキドキ楽しんでしまった。


”マルティン・ベック”シリーズ読了

Martin_Beck_series 昨晩、マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー”マルティン・ベック”シリーズの10作目『テロリスト』を読了。

 これで、シリーズ全作を順番通りに読み終えたことになる。「ことになる」と書いたのは、代表作『笑う警官』を昨年出た新訳で読んだため総表現したわけである。

 もちろん、ダンボール箱の何処かには、旧約もあるし、以前に読んでいるのでOKでしょ。1作づつ感想を書けばよかったのだが、いろいろあったのと、この10作通してベックとその仲間たちサーガということでまとめてということに。

 40年近く前の作品なのだが、その社会背景を織り込んだ物語は、十分現代にも通じる骨太のミステリー。

 どの作品もひとつの事件が、スェーデン社会の様々な面、そして別の事件と絡みながら展開する。ベックたち登場人物の心の機微も描からながら事件は解決するのだが、なんとなくすっきりしないエンディングを迎える。

 最後の『テロリスト』は、ちょっとてこずったが、これも社会派?ということで良しとしたい。手応えありで愉しませてもらった。

義父が逝った

 今年に入って、ずっと療養を続けていた義父が日曜の夜に逝った。

 自宅で死にたいという義父の希望にそって、自宅で介護を続けていた。義母もつれ合いも義妹も、容態の悪化したこの1ヶ月ほどは、眠れない毎日だった。

 そのがんばりにも支えられ、義父も頑張っていた。そして日曜の夜、静かに眠るように息を引き取った。

 あとは、残された3人の疲れがでないことを願がっている。連れ合いにとっても当方にとっても、価値のある半年間になったと思っている。

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
06 | 2014/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。