スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.ゴードン「二流小説家」、A.ルースルンド、B.ヘルストレム「死刑囚」読了

niryushosetsuka.jpg 地震の余波は続くものの、被災地の厳しさを気には留めながらも変わらぬ日常にかすかな不条理も感じてしまう日々。
 年度末の山を越えたと思えたが、駆け込みの仕事がバタバタと入って思わぬ展開となっている。
 そんななか、読書は以前のペースにすこしづつ近づきつつある。先週末にデヴィッド.ゴードン「二流小説家」(ハヤカワポケットミステリ)を、その前には、A.ルースルンド、B.ヘルストレム「死刑囚」(武田ランダムハウス文庫)を読了。  そろそろ昨年10月の潜航宣言からの浮上もしつつといったところを目指したい、まだまだ数冊書いていない読了本はあるが、目の前の…ということで。

 まずは、D.ゴードン「二流小説家」、新装丁となったポケミスも順調に巻を伸ばしているが、どうやらニューカマーに力を入れてきているようで、この作家も新人ということである。
 いろいろな形で執筆活動を続けてきたようで、満を持して発表したのが本作、アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補作ともなった作品である。
 主人公のハリーは、ポルノ雑誌のライターやら中途半端なミステリ、エロいSFやヴァンパイアものなどをいくつもの筆名で執筆する二流小説家。そんなハリーに獄中の連続殺人犯から告白本の執筆依頼が舞い込んでくる。
 その依頼に飛びついたのが、彼のマネージャクレアとはいえ彼女は、彼がアルバイトで家庭教師をつとめる金持ちの女子高生であるが。

 殺人鬼ダリアンは、ハリーに自分のファンの女性と会い、その女性を登場させた短編を書くように指示、女性たちにインタビューを試みるハリーであったが、合う端から女性が獄中の殺人鬼と同様の手口で殺されてしまう。
 そのうえ、以前の被害者の遺族からは「作品」の執筆を止めるようにいわれる始末、しかし被害者の双子の妹は、執筆を続けるようすすめるのであった。

 当然、ダリアンが真犯人なのか、それとも別に犯人はいるのか?新たな殺人は、いったい誰の犯行なのか…?ダリアンを捕らえたFBI捜査官やら、ダリアンの弁護士やら、そのアシスタントやら被害者のダンナやらが絡んできて、話は複雑な様相を呈してくるのであった。

 その連続殺人鬼という言葉の印象とは裏腹に思いのほか軽い展開で、やや肩透かしを喰らうが、やがて明らかになる真相は意外で、なかなかストーリー巧者ではあることは間違いない。
 ただ、間に挟まれるハリーが書いたハードボイルドやSFの架空作品がいるのかどうか疑問だし、前半のハリーと周りの人物とのやりとりもそんなにページは必要ないのではなかろうか…。
 もっと、ダリアン的なものを中心してもなどと…考えると、それこそ平凡な作品にとどまったのか…。まあ、十分楽しませては貰った。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

日本に必要な深呼吸

 日々伝えられる今回の地震の厳しい状況、そのうえ福島第一原発の危機。前回はその日の記録、今回はその地震にまつわる思いを…。

 本震のあとも大小の余震の続く毎日に連れ合いはやや弱りぎみで、数日前には熱を出して寝込んだりもした。TVから流れるのは、被災地の状況と原発の一進一退の状況、それに加えて繰り返されるACのCM(これは民放の宿命でやむを得ないだろう)。
 さすがにこれらに為す術もなくただひたすらストレスをため込んでいく。もちろん被災地の方々のことを考えれば、そんなことはいっていられないが、それに対して何も出来ないこともさらにストレスとなる悪循環。

 さらに、数年前から地震・原発関連の仕事をやり、揚げ句に津波関連の真っただ中だっただけに、いままでやってきたことは何だったのかと自分に問わねばならない状況となってしまった。なかなか割り切れない気持ちが続いている。

 それに、この計画停電。申し訳ないがウチは停電区域をはずれ停電のない地域となっているが、その区域からはずれていることにかすかな罪悪感?のようなものを感じながら過ごしている。これまたストレス。

 冷静になって帰宅指示がでたあの夕方の混乱を引き起こした日のことを考えてみる。
 あの日帰宅を急いだ人たちによる公共交通機関の混乱はあったものの、それによるみなさんのお仕事にどのくらい影響があったのだろうか?
 恐らくほとんど影響はなかったのではないだろうか…。満員の電車やバスはきつかったかも知れないけど、裏返してみると今やっている残業や夜間の作業が思っているよりも必要でないのかも知れないんじゃないだろうか?

 ちょっと世の中が余裕をもって、少しだけ長く家族との時間がとれたり、少しだけ長く自分の時間がとれたりといったことが実はとても大切だと感じる方向にいけばいいのになぁ…と感じてしまった。
 世の中そんなにかんたんには割り切れないし、この状況を支えるために経済活動が不可欠なのは事実だが、日本全体が深呼吸をして少しだけ進む速度を落してもいいんじゃないかな。

 そんな中で、連れ合いがつぶやいたひとこと「私たちも一歩間違えば、被災していたかも…」、その理由は、3月11日は結婚記念日、今年は金曜日でもあったので、仕事の都合がつけば、お気に入りの東北(仙台~塩釜そして山形)ツアーを考えた可能性もあったのでは、というのである。確かに、仕事のあんばいによっては、それも十分考えられたのだ。

 そんなこんなで、 今回の大震災後のもろもろの中で少しばかり感じたことを書いてみたが、自分の仕事は、相変わらずの年度末で深々と深呼吸をしてゆっくりと…というわけにいかないのだが。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

巨大地震に襲われた忘れられない結婚記念日

 昨日の地震は、東北をはじめとする各地で甚大な被害を及ぼした。あまりのことにどんな言葉も意味を持たない状況だ。
 今後、被害の全容が明らかになっていくことが恐ろしいほどである。
 とりあえず、自分自身の記録として昨日のことを書いておくことにしよう。

 昨日は15時から秋葉原近辺の会社で打ち合わせの予定があり、地下鉄銀座線で末広町に向かっていた。ちょうど神田駅で電車は停車し、降車のタイミングがおわった頃、電車が揺れはじめた。
  何だか分からず座ったままでいたが、あまりに揺れるので「地震なのでは…」と同行者といっていたところ、車内アナウンスがあり、ホームへ出るが…。ホームも大きく揺れていた。 こんなに大きく長く揺れたのは人生でも初めてである。

 電車はしばらく動かないだろうと地上に出て、徒歩で先方へ向かうことにしたが、地上は人で溢れ歩きづらいが、状況が見えないため、とりあえず先方へ向かう。
 そんななか実家の父からWillcomの携帯へ確認のTelあり、それ以外には電話はすべて不通状態。

 10分ほど歩いて先方へ到着、担当を待つ間にかなり大きな余震があったが、結局小1時間打ち合わせをして、引き上げるが、当然電車は不通。秋葉原から赤坂まで約1時間かけて歩いて戻る。
 赤坂に戻ったところで、コンビニでカップラーメン他食糧をゲットし、仕事場に戻るがエレベータが停止中。さらに18階を階段で上がる。

 仕事場は、巨大なロッカーが2列倒れ、けが人等はないもののやや大変状態となっていた。戻る間、街には人が溢れてはいたが、建物の被害はほとんどなく、情報も得られないため危機感は薄かったが、もどって状況が分かってくる。
 3~4時間で電車も動くと踏んでいたが、見方を変えざるを得なくなる。

続きを読む»

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

そうか…結婚22年目に突入、まずは感謝

 今年の後半は、これまででいちにのビープレッシャーに襲われたり、ここのところ少し体調が思わしくなかったりだったこともあって、すっかり頭から吹っ飛んでしまっていた。
 なんと我が夫婦も結婚22年目に突入。長いようで短い、短いようで長い年月、連れ合いには、いろいろと苦労をかけることもあったが、まずは22年分の感謝である。

 まあ、ちょくちょく喧嘩もしてはきたが、なんとなく落ちつくところに落ちついて…などと思っているのはコチラだけか?とはいえ、どちらも健康でここまできたので、これからもなんとなくいい感じで過ごせれば何よりだと思ってみたりする。

 冷静に考えてみるとお互いが、このままそこそこ健康でいけば、二人で過ごす時間の半ばあたりということになる。年末年始とお互いの両親の金婚式を祝ったことを思えば、そういうことになるわけで不思議な感じがしないでもない。

 何はともあれ、お互い身体に気をつけて、無理をしないで、行きたい。知りあって32年、人生の多くの時間を一緒に過ごさせてもらって、ありがとう、そしてこれからもよろしくである。
 いい年になったのだから、このくらいのことは書いておかないと…。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

やられたね、Fitz & The Tantrums

fizandtantrums.jpg 名古屋のしごとが片付いたかと思ったのだが…、ちょっとした行き違いが合ってやり直し発生。それだけでが原因というわけではなく、思ったよりも落ちつかず、時間が自由にならない。
 そういった状況で、このblogもさっぱり書く余裕が無いのが現状。読了本も随分消化しないままになっている。
 当然、CDは数えきれない数が未消化のまま…。

 そんな日々ではあるが、久しぶりに面白いCDをゲット、あまりのことに書かざるをえないというわけである。
 それが、このFitz & The Tantrumsの"Pickin' Up The Pieces"。このCDは、名古屋出張の帰りに名古屋駅のTowerで推薦されていたものを試聴のうえ御購入となったもの。

 店員さんの推薦文(うろ覚え)には、「とにかくカッコいいBlue eyed Soul…」とのこと、確かに時代を超えてやってきた渋カッコよいソウルフルな歌とサウンド。
 80年代にStyle Councilが目指したサウンドをさらに黒っぽくストレートに表現している。もともとそんなに黒っぽいサウンドがお気に入りな訳ではないが、白人がそこを目指すとかなりスタイリッシュで粋なものととなっている。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
02 | 2011/03 | 04
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。