スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.G.ウッドハウス「エムズワース卿の受難録」読了

Emsworth 本日(実は昨日)でひとつ仕事が片付いた。とはいえ、お客の要望で現場から仕事場へトンボ帰りして作業をするはめに…。でもとりあえずは終了。
 世の中、一筋縄ではいきそうもない状況、ひとつ片付いたからといって安心して入られない。

 そんな中、読書のピッチは回復基調の右肩上がり?Amazonの中古でゲットしたP.G.ウッドハウスの「エムズワース卿の受難録―P.G.ウッドハウス選集〈2〉」(文藝春秋社)を昨晩(実は一昨日)読み終えた。
 本来なら新刊で購入したいと思う作品なのであるが、この人の作品は全世界で人気とあって翻訳権が高価なのかどの作品もいいお値段。懐のさびしいこちらには中古待ちというところである。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

どうなる…PhotoTrackr lite

PhotoTrackr was Broken 以前にも書いたが、愛用のGPSロガーPhotoTrackr lightの電池カバーの本体ストッパーが破損。先日のサッカー合宿にガムテープで止めて持っていったのだが…。
 電池を支えるスプリングがかなり強力で、ガムテープで止めたぐらいでは、20分もするとはがれてしまうのである。
 残念ながら、ガムテープで止めるという応急処理では如何ともしがたい事が発覚してしまった。

 こうなるとマップコンシェルジュ社へ送るということにしたのであるが…一応、購入したのは代々木のGPSストアであるため電話連絡をしてみると「当店へお持ちください」とのことだった。
 で、昨日我がPhotoTrackr liteは、手を離れて入院?ということにあいなった。

 GPSストアスタッフの話では、壊れて部分が本体側になるので保証の範囲かどうか微妙ということであった。まあ、どちらにしても今のままでは使用できない、なんとか使える状態になって帰ってきてもらいたいところである。
 こればかりは、GPSストアからの連絡を待つしかない日々である。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

肩こりの原因はMacBook Pro

 週の頭から異様な肩こりに見舞われてしまっている。月曜は、夕方から首筋まで突っ張って、あげくに頭痛まで襲ってくる始末。
 その後もやや冷え込んできた事もあって、体がカタマっていることもあってつらい数日間を過ごしている。

 この原因は、はっきり書こう!それは新型MacBook Proとビジネスバッグなのだ。
 2週間ほど前に不調に陥った(ディスプレイが表示しなくなった)旧MacBook Proをレンタル終了を待たずに新登場の新型にスイッチしたまではよかったが…。

続きを読む»

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

D.ヒューソン「聖なる比率」<上><下>読了

The Sacred Cut  先週は、The Wohoの日本公演やら柏崎出張のうえに仕事の追い込みもあって意外にばたばたして、ちょっとしんどい週となってしまった。
 そのうえ昨日は、なんとか事なきをえたものの、仕事の成果物の行方が不明になっていて、あちこちに電話をかけるてんてこ舞い…、とはいえ、明日にはとりあえず追い込みしていた仕事は片付くはずなのであるが…。

 で、読書の速度はちょっとスローになってしまっていたのだが、昨晩佳境を迎えていたデヴィッド・ヒューソン「聖なる比率」<><>(ランダムハウス講談社文庫)を読み終えた。これも駅前のBook ○ffで各250円にてゲットしていたもの。

続きを読む»

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

とりあえずは危機脱出、岡田ジャパン

 昨晩は早めでもないが、そこそこにきりあげて深夜の中継に備えるものの、連日の疲れもあってか0時過ぎから軽く眠気が襲ってくる。
 ケーブルTVでお茶をニゴシながらキックオフを待つ。しかし、久しぶりの生TV観戦だ。
 これで、いつものような狙いの見えないグルグル・サッカーをされたのではたまらない。勝敗以上にそれが心配だ。

 で、キックオフ。カタールの球際がかなりきびしい。スピードと気迫でやられてる感じ…大丈夫かよ。
 と思っていたら、カタールの右サイドがすり抜けが巧くてFKを与えてしまい、川口の正面ながらいい感じのヘディングシュートをお見舞いされる。さらに、心配になってくる。

 

続きを読む»

F.ティリエ「七匹の蛾が鳴く」読了

Nanahiki 本日は、合宿あけの筋肉痛に悩まされながら柏崎へ出張。そのうえ、昨晩はThe Whoの東京公演を見た後に自宅で作業をしなければいけなかったこともあり、睡眠不足。
 いやいや、昼前に着いたときはそうでもなかったが、帰る前になってぐっと冷え込んだ。睡眠不足もあり長岡からのMaxときの特急指定券を紛失する体たらく(事情説明ののち不問となる)…。

 そういった状況で、一週間ほど前に読み終えていたままになっていたフランク・ティリエ「七匹の蛾が鳴く」(ランダムハウス講談社)である。
 これもここのところのお決まり駅前のBook ○ffで比較的新しいながら250円でゲット。以前読んだ「タルタロスの審問官」と同じ「シャルコ警視」シリーズ第2弾。書店で新刊購入を迷っていたが、ラッキーだった。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

武道館を満たしたロック魂

The Who live at Budokan サッカー合宿の筋肉痛が体を支配する今日であるが、今夜(厳密には17日)はすばらしい一夜となった。
 客からの難題をクリアして(つもりだったが…)、6時すぎに仕事場を出て九段下の日本武道館を一目散に目指す。そう、ロックオヤジのアイドル、The Whoの日本公演である。

 そこは、中年ロックファンが集っていた、もちろん若いファンもたくさんいるが、武道館内はひょっとすると加齢臭がかすかに漂っていたかもしれない。
 年齢層は、間違いなく高い。特に男性客はかなりの割合で、中年と呼ばれるオヤジたち。一転、女性は若い人も目につく、これは意外。

続きを読む»

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

今年も無事、合宿終了

Camp 今年もこの前の土日で恒例の那須にて恒例のサッカー合宿を実施。
 土曜日は、曇りながらも冷え込みは緩く、絶好のサッカー日和となった。日曜は、残念ながら雨天となったが、思ったよりも雨量が少なく、グランドが芝の養生の点から使用できない可能性もあったが、なんとか使用できた。

 いつものようにサッカー三昧の土日を満喫。都合のつかないメンバーもいたが、強力な新メンバーの参加があり、それなりに盛り上がった内容となった。
 新メンバーのみさなん今後もよろしく、欠席だったメンバーも次回は是非、参加を…。

 改めて、ご招待いただいた相手チームの方々に感謝。

 しかし、47の誕生日を終えた体には、筋肉痛がどっとやってくるという、なかなか厳しい2日間ではあるが、やっぱり気分は爽快。
 合宿前に仕事が立て込んだ事もあって、睡眠不足気味であったが、なんとか無事に過ごす事が出来たことにも感謝である。
 次回、春の合宿もみなさんよろしく。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

へたりそうな一日…

 今日(11/13)は、代表の試合やら、不調のMacBook Proのことやら、読み終えた本のことやらたくさんあったのだが、それももう無理…。
 ぐったりで今にもへたり込みそうな一日となった。

 午後いちで川崎のお客のところで打ち合わせの予定のため、昨日(11/12)は、ちょっとがんばって2時過ぎまで作業。で、朝仕事場に寄って、11時過ぎに川崎へ向かう。
 川崎駅でサクッと軽く昼飯を書き込み、1時前には現場に到着。

続きを読む»

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

D.マドセン「グノーシスの薔薇」読了、がっかり…

Gnosis no Bara 今週末はいよいよ秋のサッカー合宿である。仕事の方もこれに合わせるように、困ったことにちょっと立て込んできている。
 進むかと思えば止まり、止まったと思えば進むを繰り返してきたのだが、期日は迫って変わることがないのは困りものだ。
 合宿に備えて仕事で無理はしないでおこう、後が恐い。

 で、一昨日の夜のことだが、デビッド・マドセン「グノーシスの薔薇」(角川書店)を読み終えた。いつものように駅前のBook ○ffでセール期間中に550円で購入していたもの。3年ほど前、出たときに書店で見かけて気になっていたので、このセールを機会に購入したのだ。

続きを読む»

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

残念…Photo Trackr 電池カバーストッパー破損

PhotoTrackr was Broken 昨日に続き肌寒い一日、終末の日課となっている昼食がてらの散歩に出かけようと思い、カバンに入れたままにしていたPhotoTrackrを取り出してショック!
 なっ、なんと電池カバーが何度やってもしまらない。おかしいと思い電池カバーのストッパーの受け部分を観察してみると…無惨にも破損しているではないか!

 カバンに入れていつも持ち歩いていたのだが、特に雑に扱っていたわけでもないし、ぶつかって衝撃を与えるような固いものと一緒に入れていたわけでもない。確かにデジカメは一緒に入れていたが、ウレタン製のケースに入れていたので衝撃はなかったはずだが…。

続きを読む»

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

U19 韓国に敗戦…

  昨晩、Blogを書いて、「グノーシスの薔薇」を読んでいたら4時前。慌てて寝床に入ったが、11時前まで寝てしまった、その上、今日は(厳密には昨日)いよいよ冬が間近に迫ってきたことを感じさせる肌寒さ。それで、気持ちがなえなえでだら~と過ごしてしまった。
 これではいかんね。やらないといかんことがあるのだけどねぇ。

 で、U19…。ネットニュースの速報を確認したところ、愕然!なんとなく(なんの根拠もないであるが)いけるのでは、と思っていたのにその希望はもろくも崩れ去っていた。
 内容は不明であるが、0-3の完敗。どうゆうこっちゃ!

続きを読む»

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

新しものには当たり外れが…The Spinto band と Friendly Fires

The Spinto band and Friendly Fires 9月の福井出張以来、意外に短い間隔でtelさんと再開。厳密には一昨日の夜のことなのだが、携帯に出張中で新宿にいるので夜会おうとのメールが届いた。

 9時前に新宿のホテルのCafeで2時間ほど世間話やら音楽やらの話で盛り上がる。多少テンションもあがっていたようだ。
 まあ、色々話したがこちらは気楽な身、適当に色々手を出せる立場を実感。まあ、所詮そんな所ですよtelさん(自嘲気味の笑)。いつもながら、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 で、待ち合わせまで時間があったので、新宿のH○Vと○ower RecordsでCDを物色。9月にH○Vがリニューアルして初めていったが、店が小さくなってかなり寂しい状況になっていたのは残念。○owerに移動して、新譜コーナーを中心に見てみる。
 やっぱり、Popの逆襲は本格化している。その方面のジャンルは、どれもかなりよく出来たアルバムがザクザクである。

 今回は、The Spinto bandの2nd."Moonwink"(2008)とFriendly Firesのデビュー作"Friendly Fires"の2枚。前者が2480円で、後者が1680円、気持ち高かったか…。他にも気になったものはあったのだが、値段が思いのほか高いので見送りとした。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
10 | 2008/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。