昨日に引き続きCDネタ…A.Hammond jr. ¿Como Te Llama?

Como Te Llama? さ~て、はやいもので9月も今日で終わり、明日からは衣替えの10月。気がつけば朝晩涼しいのが当たり前というわけである。
 そんな時期にも関わらず台風がやってくる。寒暖の差についていけてないのに、湿度気圧が首腰を責め立ててくる、ちょっとつらい日々となっている。

 で、今月は思いのほか書けなかったので、今日はがんばって昨日に引き続きCDネタでいくぞ!
 昨日の2枚のほかに買ったCD3枚のうちの新譜が8/20発売のThe Strokesのギタリスト、Albert Hammond jr.の2nd "¿Como Te Llama?"。なんとスペシャル・プライスで\1290なり。
 日本盤は、初回限定でDVDライブ盤とのセットで出てるらしいのだが、映像までは守備範囲と考えてないのでそちらは見送り。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Popの逆襲が本格化…?

P.Steel + Sunny Day Sets Fire 今月は比較的落ち着くと思って油断していたら、急な仕事で余裕がなくなってしまっていた。Blogも思っていたよりも書けず…。
 これからはぼちぼちと下半期の仕事が本格度を増してくる予定。来月からの3ヶ月忙しくなりそうでいささか不安。そのうえ、急な気候の変化にちょっと体がついていってなくて、だるいやら腰が痛いやら、すっきりしない。

 で、そんな中久しぶりのCDネタである。先週の水曜に学芸大学(地名ね)へ仕事でいった帰りに、渋谷のHM●へ寄り道。本当に久しぶりのHM●である。
 そこで、強力プッシュのNew CommerのPaul Steel "Moon Rock"(2008)とSunny Day Sets Fire "Summer Palace"(2008)ほか3枚をゲット。今回は、このNew Commerについてだ。

 HM●のプッシュアイテムということもあって、当然どちらも試聴してのご購入。その他渋谷HM●は、ちょっとマニアックな香りのするPopアルバムを展開中。US.もUK.もいいかげんHipHopに飽きがきたのか、以前から期待するPopの逆襲が本格化してきたようだ。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

柏崎出張で見つけたものは

Sobayoshi 今月のはじめから昨年度もやった柏崎のお仕事の第2期がはじまった。で、既に日付は昨日となったが、仕事仲間で釣り仲間のMH君と一緒に3週間ぶりに柏崎へ出張となった。
 午後4時前に打ち合わせ終了、折しも運悪く雨が降り出し、同行の元請けの会社の人に駅まで車で送っていただいた。

 そこで、昼食をとりそびれたMH君と遅い昼食を摂ることに…今年のはじめ柏崎でかなりな時間を過ごしたMH君のおすすめの「そばよし」で焼きそばを食べることにした。
 実は前回もここで食べようと思って出向いたのだが、あいにくの定休日であえなく断念していた。

続きを読む»

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

続く残念…ストレンジデイズ誌リニューアル

 ややばたばたと忙しい、昨晩も予想外の展開でタクシーでの帰宅となった。新技術が我々の手元で使える状態になるにはそれなりの期間が必要だということを痛感する一日であった。

 まあ、それはそれとして引き続きの残念が襲ってきた。唯一の毎号購読誌である「ストレンジデイズ」が2ヶ月の休みを経て今回リニューアルされた。

 休刊前の編集長、岩本氏の編集後記に彼自身が病気ということもあって、大変な時期を乗り越えて今回のリニューアル復刊となったことは、誠にめでたいと、まずはお祝いを書いておこう。
 こちらは少し年下とはいえ、健康のことは他人事ではない、本当によかった。

 さて、問題のリニューアルであるがこれが、まったくの残念な状態、まあこれには人によって意見は様々だと思うが…。

続きを読む»

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

昨日に引き続き脱力…それはタイガース

 昨日もBook Offの件で脱力の日となったが、本日も引き続き脱力の日となった。
 その原因は、阪神タイガースだ。オリンピックから始まった失速から立ち直ることなく今日まできたしまった。

 いや、まだ今の時点では負けが決まった訳ではない(試合中であるが、このままでは3連敗が決定的である)が、かなりきついい。読売に3連敗となってもまだペナントが終わった訳でもない、気合いを入れ直してほしいところではあるが…。
 
 この辺りの状態は昨年同様で、相手チームの阪神の投手リレーなどに対する対応と慣れ、一線級ピチャーの投入に加え、選手たちの疲労の蓄積が原因と考えられるのだが、いかがか…?

 そのうえ読売は、当然これでなければおかしいという、本来のチーム力が発揮されて、どのチームも打つ手がないといった状態だ。いまさらこれはないだろうと言いたくなるほどだ。
 まったくお手上げ、金本がHRを一本や二本打ったところで何の足しにもならない。あきれてしまう。
 強い読売は、倒すべき相手として必要不可欠な存在悪であるが、こんな風に100%の力でこられた日には、お手上げだ。

 残りの試合にかすかな希望を託しながらも、日本プロ野球界に明るい明日はあるのかと、暗澹たる思いである。いやはや…。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

脱力、唖然、Book Off

 土曜日というのに仕事となってしまった。誰かと一緒の作業ではないので昼前にのんびりと家を出た。で、出てくる前に車内読書用の本を忘れてしまったので、電車に乗る前に○窪駅前のBook Offによって見た。
 文庫本のコーナーなどをのぞいてみたが、とりあえず読む気になりそうなものが見当たらず…。

 せっかくだからとCDコーナーなどへ向かう、まずは、洋楽500円コーナーを物色するが、良きものを発見することができず。さらに250円コーナーへ。
 おおっ、Rupert HineがプロデュースしたDuncan Sheikなど4枚を発見、ちょっと満足でレジへ。

 4枚すべてを250円コーナーで発見したはずなのであるが、そのうちの一枚Bright EyesのEPがなんと500円だというのだ。一応、250円のところにあったんだけどね~、ちゃんとチェックしろよと、いわせてもらった。

続きを読む»

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

R.ファン・ヒューリック「江南の鐘」読了

ChineseBell ぼちぼちと忙しさが増してきた。仕事の相手の都合に振り回されてスケジュールがなかなか確定できないジレンマが…と思っていたら、アッという間に金曜までのスケジュールが決まってしまった。いやはや…。

 そんな中、連れ合いの里帰りに合わせて読み始めたR.ファン・ヒューリック「江南の鐘」(ハヤカワ・ポケットミステリ)を本日なんとか読み終えた。
 もともとレギュラーの狄(ディー)判事シリーズ、当然のごとく新刊で、書店で見かけた瞬間にレジへである。
 本作で、Blogを初めて6作目の狄判事シリーズとなった。前回の「紫雲の怪」で未訳分は終了、本作から他社旧作の新訳版で登場だ。

 以前は、三省堂から「中国梵鐘殺人事件」(1989)のタイトルで出版されていたもの。シリーズでも一番の長さではなかろうか?もちろん未読。

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

高城 高「暗い海 深い霧」読了

kuraiumi fukaikiri 木曜の夜から連休を利用して連れ合いの実家に里帰りをしていたので、ちょっと間が空いてしまった。夜行バスで今朝帰ってきたのでちょっと眠い(笑)。

 里帰りの期間中は、ちょっと食べ過ぎの感ありで胃腸の調子が乱れ気味である。さらに全くなついてくれないネコの家出があったり、予定通り京都へ行ったのだが、よく調べていかなかったので完全修復中の銀閣を見物することに…。などと色々面白いことがあった。

 で、里帰り前に読み終えていたのだがタイミングを逸していた、高城 高「暗い海 深い霧」(創元推理文庫)である。創元推理文庫の高城高全集も本作で第3巻である。予定では全4巻とのことなので、残すところあと1巻ということになる。

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

入れてみましたVMWare Fusion 2.0 Beta

VMWare Fusion 2.0 beta  先日ついにLeopardへと変身を遂げたMacBook Proだったが、さらにWinをインストール。
 各所からWinをいれるならVMWare Fusionだとの評判がでていたので、2.0 Betaがお試し使用キャンペーン(?)中を機会にインストールしてみることにした。

 早速、VMWareのキャンペーンページへアクセスしてbeta版(Release Candidate 1とあるので、ほぼ出来上がったものと思われる)をダウンロード。
 インストーラによって何の苦労もなくアッというまにインストールは終わった。さらに、Win XPをインストール、これもほとんど何もせずの待つだけ状態。

続きを読む»

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

J.アボット「パニック!」読了

Pnic! なんとなく仕事も落ち着いて週末は釣りにも行けた訳であるが、そんな一昨日の朝の移動中の電車の中で、ジェフ・アボットの「パニック!」(ヴィレッジブックス文庫)を読み終えた。

 これは、カバーのデザインが書店でいきなりに眼を惹き、思わず手に取ってそのままレジへという流れで、新刊購入。
 まあ、ジェフ・アボットという名前は、もうずいぶん前に図書館シリーズの最初の「図書館の死体」を読んでいたので知って履いたのであるが…。
 本作は、それとはずいぶん趣のちがった作品で、その辺の興味もあった。

続きを読む»

やっとこさ奈良子釣行、あるいはPhotoTrackrとGPSレーダ

Narago 前回の釣行がいつだったかも忘れてしまいそうなくらい久しぶりの釣行だ。
 今回は、そこそこ釣果が期待できてウェーダーを履かなくても大丈夫、その上緑のトンネルで涼が味わえる格好の管釣り奈良子フィッシングセンターへ。
 同行はKK君、MH君の2名(おつかれさま、KK君、運転ありがとう)。

 朝7時前にMH君宅を出発。高速にのって中央道に入る前でいきなり渋滞発生。このまま行くか下道を行くか思案のしどころとなったが、並走していた山梨の観光バスの動向を見て下道を選択。結果、奈良子到着は9時過ぎとなった。
 天気は、曇りでやや蒸し暑い。

続きを読む»

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2008/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside